ロフトワークのセミナーに行った。(5/10)

ウェブディレクションで有名なロフトワークの無料セミナーに5月10日に参加しました。
2ヵ月前で今さら感がありますがそのメモです。
参加したセミナー↓
ユーザーコンテキストに応えるWebライティングの鉄則 開催レポート

小生は出版社のウェブ部門で働いていると言うこともあり、「Webライティング」のノウハウを学べれば良いかなーという軽い気持ちで行ったところ、「コンテンツ戦略」という深いテーマが裏側にあるとても有意義なセミナーでした。

以下、箇条書きメモ。「#」は自分のことば。

●林氏(ロフトワーク)セッション

  • 「BI」(Before Internet)と「AI」(After Internet)。
    #このキーワード使える!
  • BIのコンテンツ戦略はAIとは全く違う発想で捉える必要がある。
    (引用)セッション資料
  • Mapで進み方を見せるのではなく、Compassで方向性を示す。
  • 1年かけて計画(Theory)ではなく、1ヵ月でのリリースと12回の更新(Practice)。

●井上氏(ロフトワーク)セッション

  • ユーザーとの接点を明確化(ヒアリングシート/ターゲットを絞り込む)
  • ユーザーの反応をコンテンツに反映(Facebookの反応/季節・時事ネタ)
  • 垣根のないチーム構築(Facebookの非公開グループで担当者レベルで議論)
    #しかしこれは「コンテンツ制作の受託」という発想では難しいな。「一緒に運営」という形態でないと。

●中野氏(Web Professional編集長)セッション

  • ウェブメディアでの収益モデル類型
    →「広告+イベントモデル」「雑誌+イベントモデル」「書籍販売モデル」
    #当たり前かもしれないけど「ウェブメディア」単独での収益化は難しいのね。
  • ソーシャルの時代では広報・宣伝とは異なる「コーポレートキュレーション」が必要。
  • 情報発信して自社に誘導するという発想ではなく、「話題」に対して自社の情報を「加工」して提供するという発想。
    #炎上してるところに燃料投下するイメージか。
  • 「乗っかるPR」→自社メディアにコンテンツを事前に用意しておき、適宜タイミングを見て投入していく。
  • 用意するコンテンツはいかにもな商品紹介ではなく「普通名詞」的な紹介が良い。
  • ウェブライティングの技法→そんな都合の良いものは無い→それを言うと台無し→一応テクニックはある。
  • 検索エンジンを意識したコンテンツづくり→「Howto動詞のコンテンツ」
    →「エアコン」ではなく「エアコンの取り外し方」でコンテンツを用意。
  • ただしこう言ったテクニックではなく「ニッチ」(くぼみ・ぴったり当てはまる)マーケティングでコンテンツが作られることが重要。

●藤井氏(Axis)セッション

  • Googleの検索結果からアルゴリズムを逆解析。
  • ドメインは古い方が良い都市伝説→本当→ただし「使用されている」必要がある。
  • Googleは更新性などの対ユーザの要素を高く評価する方向に進んでいる。
  • つまりコンテンツが大事になってきた。

以上メモ。
ウェブライティングのテクニックを知れればという気軽な気持ちで行ったら、「ウェブにおけるコンテンツの意味とは?」という深いテーマを考えるきっかけになりました。
とくに出版社でコンテンツが商品であるウチの会社には喫緊のテーマです。

終了後に仕事の相談でロフトワークの方と名刺交換した際に、その方が以前に別の勉強会で一緒になった方だったのにお互い気づいて笑いました。この業界は狭いのかな。
あとロフトワークの代表取締役の林さんはずいぶんと可憐な女性だなと思いました。
クシャナ殿下やハマーン・カーンのように、トップが美しい女性というのは男子の憧れであります。
おしまい。

(参考)
ロフトワークの林さんが書いたこちらの本は、自分の仕事の進め方の大いなる指針となりました。
Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す
Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す

会社の備品に放射線モニターがあったので測った。(2012年1月)


会社の備品として放射線モニターが追加されたので、子どもへの影響も心配になり早速借りて自宅周辺を測ってみました・・・と言うブログ記事を書こうとしたのが5ヵ月前の話し(2012年1月下旬頃)。
年度末の忙しさに巻き込まれてあっと言う間に半年近く経過してしまいました。
当時に計測した数値も今や下がっていることと思いますが、自分メモとしてブログにアップします。

会社の備品として配備されたのがこちらの機器(正確には社員個人の持ち物を会社に貸し出しているとのこと)。
堀場 環境放射線モニター(シンチレーション式) PA1000
堀場 環境放射線モニター(シンチレーション式) PA1000

測り方は簡単です。ボタンを押して計測完了するまで待つだけ。
さっそく自室内を測ってみました。

0.062マイクロシーベルト
都内の現在の平常値(0.05マイクロシーベルト)とあまり変わりませんでした。
コンクリート造りのマンション内は高いのかもしれません。

玄関の床に近づけてみました。

0.083マイクロシーベルト
外から持ち込んだ砂の影響で若干上がったのか?誤差の範囲?

そのまま床から離して測ったら下がりました。誤差の範囲?

ベランダの排水溝は高いのでは?と睨んで測ってみました。

0.055マイクロシーベルト。室内より低くなってしまった・・・。

結局、自宅内では目立つ値が出なかったので、誤差を考えても身に危険は無いと判断しました。
その後に外に出て色々と測ったところ少し高い数値が出ました。

0.095マイクロシーベルト
写真には撮れなかったのですが、複数の雨樋の水が溜まるような場所に手を伸ばして無理矢理に測ったところ、0.1マイクロシーベルトを超えた場所がありました。
少しは原発事故の影響があるのかもしれません。

測定数値は繊細なもので、測定箇所から少し離すだけで数値が大きく変動します。
少し前に都内でも原発とは別の原因で高い放射線が測定されたことがありましたが、数メートル単位でローラー作戦のように調べないと、見つけられないんじゃないかなと思いました。

それにしても会社の備品に放射線モニターが加わることになるとは、変な形で未来がやってきました。

ZIP!を見てたら麻生夏子を認識して今朝は通勤途中に「青いベンチ」をiTunesで購入した。


タイトルでほぼ9割言い切った。
毎朝、出社前にテレビでは日テレのZIP!を流しているのですが(元々はズームイン派)、究極クエスチョンのコーナーで「キューキュー」って言っている女の子は、顔も印象的で会話や切り返しもうまいし、他の出演者から頭抜けているなーと思ってたら、突然今朝は「♪このこ~えが、かれるくらいにー」と歌い出して、なんだ?と思って調べて、ついに「麻生夏子」という声優で歌手なんだと認識できた。
麻生夏子 – Wikipedia
だから海外の日本文化紹介のイベントでライブをやってたんだ。

そのまま家を出て「♪このこ~えが、かれるくらいにー」が頭の中でループし始めて、駅まで歩きながら何の曲だっけ?と気になってiPhoneで「この声が 歌詞」で検索してサスケの「青いベンチ」という曲だとわかり、そのまま駅についてwifiにつなげてiTunesから曲をダウンロードしました。

iPhoneって生活を変えたなぁと感じた朝でした。

余談ですが、子どもを保育園に送るようになり8時前には家を出るので、あぶらもこみちが見られなくなり残念です。ぜひ7時半からの放送に変えてください。

ブログをWordPressに移行した。


当ブログをWordPressに移行しました。見た目上の変更はほとんどありません。

これまではPerlで開発されたSerene Bachを2004年から8年近く使っていましたが、記事数が500を超えたくらいから再構築に非常に時間がかかるようになり、またアクセス解析のプラグインが動かなくなるなど細かい問題が生じていました。
さらに仕事上でCMSを提案したり、また実際に使うことがあるため、ここらでガツンとCMSを使い込んでみることにした次第です。

初期構築にはそれほど時間がかからず、またデフォルトのデザインテーマも美しいので、難しいことをしようと思われなければ簡単にWordPressの世界に入っていけそうです。
気軽に機能を追加できるプラグインや、パーツの表示・非表示が簡単に制御できるウィジェットの使い勝手はすばらしいですね。

今回、一番手間がかかったのは、従来のブログ記事を移行かつURL・ドメインを継続し、これまでのデザインや使用していた機能を再現すること。
(RSSフィードもリダイレクトしてるのでRSS購読している人にもこの更新は読めている・・・はず)
Serene Bachからの移行手順として近いうちにまとめたいと思います。

WordPressに変更したところでブログの更新頻度が増えるかわかりませんが引き続き当ブログをよろしくお願いします。
(管理画面が変わり、また便利な管理機能が増えたことで少し気軽に更新できる気がします)

「権八」(銀座店)は子連れに優しい店だった。


先日、子どもの2歳の誕生祝いにと小生の両親を交えて簡単な食事会を行ったのですが、そのお店探しにとても苦労しました。
「自宅から1時間以内」かつ「子どもが動き回れる座敷」かつ「子どもは食べられるものが限られる」かつ「子どもが騒いでも問題ない」かつ「完全禁煙」などなど。
その他、諸々の条件で絞り込んでお店を探すだけで疲れてしまいます。
そんな中、奥さんが下記のまとめサイトに行き着きました。
子連れランチができる東京のカフェ・レストラン【ママ&子供】 – NAVER まとめ
あぁNAVERまとめって、ただのPV稼ぎってわけじゃないんだね。
このまとめはランチ中心でしたが、この中の「権八」は、小泉元首相がブッシュ元大統領来日時に「日本の居酒屋」として案内した店です(案内したのは西麻布店)。
ここなら食事会の場所としても良いだろうと座敷で予約を入れました。
当日は食事も美味しく、コースではないのでメニューから子どもが食べられるものを選べ(焼魚が好物)、また店員が子連れに慣れているのかきめ細やかなサービスをしてくれました(「小さいコップ」を頼んだら何も言わずに小さいストローをつけてくれたり)。
もちろん居酒屋なのでお酒も豊富で大人がいる「食事会」としても問題ありません。
世の中に飲食店は多いですが、「子連れで安心して食事できる」場所は非常に限られています。
小生たち以外も小さな子連れが複数組いたので、このお店は家族連れにはオススメとして有名なのかもしれません。
(参考)
権八 G-Zone銀座店 (東京都 : 銀座 / 居酒屋・バー) | スマイリーマム

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索