15年後の「永遠より続くように」


ある日、台所で洗い物をしているとiPhoneから流れてきた曲。
(小生はTunes ParadeというiTunes視聴アプリをBGMにして家事をしてます)
妙に懐かしい歌詞とメロディ。しかし歌声はAKB48・・・?
AKB48もカバー曲に走りだしたかと苦々しく思いながら曲名を見ると、OKL48「永遠より続くように」
誰だこれ?

Google先生で調べると、めちゃイケの「オカレモン」企画のようだ。
そして、この懐かしさの理由が判明した。

この「永遠より続くように」は、15年前のめちゃイケ(What a cool we are!)で番組スタッフの「オカピー」が歌っていた曲だったのだ!
その透明感(?)のある歌声とキャッチーなメロディ、そしてそのまっすぐな歌詞は一部で評判となり、小生も当時の暗黒のインターネット大陸のなか、「テレホーダイ」という謎の時間帯を使って音源MP3を探したりしていたのでした。

そして15年後、まさかこの曲が再びテレビから流れるとは!
さらにはAKB48に歌わせてしまうとは!(レモンのかぶりものをさせて)
めちゃイケも、久しぶりに粋じゃないかと思った次第でした。

ただいまヘビーローテーション中です。
あれ?大島優子のかぶりものが可愛く見えてきたぞ?

参考
当時のオカピーバージョン

・CDははこちら。「永遠プレッシャー」のカップリングが「永遠より続くように」。この曲が目当てで売れているようだ。
永遠プレッシャー【多売特典生写真なし】(TYPE-D)
永遠プレッシャー【多売特典生写真なし】(TYPE-D)

【ピアノ】ヱヴァQを観た(ネタバレ無し)【ジェットソン!】


1ヶ月ぶりのブログ更新です。ヱヴァネタです。
先日「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 」を観ました。
ヱヴァ序・破ともにテレビ放送しか観ておりませんでしたが、今回のヱヴァQに限ってはあまりにもレビューが大騒ぎになっており、劇場からは観客が変な顔して出てくるとの噂だったので、とても気になり劇場に見に行きました。

劇場は満席。数日前からネット予約しても良い席がとれず前から数列目に。
(おかげで冒頭のシーンは全体像がわかりにくくて画面に酔ってしまうことに・・・)
公開から1週間以上たっても映画館が満席になるなんて最近ではそうそうあるとは思えず、まさにこの「体験の共有」に、ウェブや仮想でつながる現代の日本におけるビジネスチャンスが隠されているのかもしれません。

閑話休題。

映画終劇。

見終わったあとの感想としては「これ、どうすんだよwww」

ヱヴァ序・破は、王道のSFアクション、爽快感、少し謎めいているけど直線的ストーリーと、エヴァのリメイクとして評価されていましたが、今回のヱヴァQはまさに旧エヴァ直撃世代の小生には懐かしき既視感。
見終わった後に解説サイトやレビューサイトを読みあさって情報収集し、コマの片隅にまで意味を求める。
これこそがエヴァ本来の力でした。
すでに映画を見終わって2週間ちかく経過していますが、いまだにヱヴァQの解説サイトを探してはその内容に納得し、別の考察を見つけては深読みに感心したりしています。
そんな深読みファンが多いから、はてなもこんなアプリを出したのでしょう。
B!KUMA Q – ネットで話題のヱヴァ関連情報をまとめてチェック!

今まで同じ映画を劇場で複数回見たことはありませんでしたが、ヱヴァQはもう一度見に行きたいと思っています。

その他、オマケ情報
首都大学東京システムデザイン学部航空宇宙システム工学コース・宇宙システム研究室 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q_冒頭6分38秒_宇宙考証の解説
→専門家により冒頭シーンは宇宙工学的に正しいことが検証されました。

・映画の冒頭シーン(テレビ放映版)

→劇場で観た人には物足りないです。その理由はもちろんBGM。

・エヴァQ アスカ&マリの成層圏外作戦。一方その頃パリ上空では。

→あの曲って「ふしぎの海のナディア」(未見)なんですね。他にも複数のオマージュがあったようです。

【これは凄い】「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 スレ住人の考察が面白い!
→小生もこの考察に賛成です。旧エヴァとの関連説も興味深い。

のび太の人類補完計画 ‐ ニコニコ動画:Q
→「もしも、僕がエヴァンゲリオンのパイロットだったら・・・」のび太のそんな一言が・・・。
劇場版ドラえもんの位置づけです。新たな解釈が加えられた「Q」は必見。

【言葉の】子どもが2歳半になった。【爆発】


先日、子どもが2歳半になりました。
2歳を超えると体力的にも丈夫になってきて保育園を休むことも少なくなりました。
昨年は入院までしたRSウイルスに今年も感染しましたが、40℃超えの高熱を耐え抜き元気に回復しました。

そして知能レベルは、いわゆる「言葉の爆発期」となり、2語、3語どころか、普通の会話ができるようになっています。
【事例】

  • 「くまさーん、いっぱいオモチャあるよー。おいでー。」(ぬいぐるみに呼びかけて)
  • 「いらっしゃいませー、いらっしゃいませー、ご飯でーす」(お店屋さんごっこで)
  • 「えーん、しないよ」(病院に行く前に宣言。「えーん、するよ」バージョンもあり)
  • 「どうしたの?だいじょうぶ?」(小指をぶつけて悶える小生に対して)

約束したことやこちらが言ったことはしっかり覚えているため、忘れるとすぐに指摘しますし、なだめるために「後でオヤツ買ってあげるね」など嘘をつくこともできません。
家では気に入らないことがあると怒ったりしますが、保育園ではいつもニコニコしているようで、すでに空気を読む社会性を身につけています。

子どもができるまでは、1歳児、2歳児、3歳児・・・小学生未満の区別が全くついておらず、一括りで「小さい子」と認識していましたが、2歳と2歳半の6ヶ月でも大きな違いがあるんだなと実感しています。
2歳の子どもにとってみたら、半年は自分の人生の1/4になりますし。
3歳になるとまた全然違うんだろうなと保育園で一クラス上の子を見ています。

以下、Instagramより最近の写真。

オマケ
InstagramでWeb版プロフィールが実装されたようです。
Facebookのタイムラインのようなデザインですが、写真を時系列で流して見ると面白いです。
umakoya on Instagram

iPS細胞の研究に寄付したよ。


先日ノーベル医学・生理学賞を取得した山中教授が所長を務めるiPS細胞研究所に寄付をしました。
山中教授、ノーベル賞受賞!応援ありがとうございます! – JustGiving Japan
このJustGiving Japanってサイトは面白いですね。
寄付金が続々と集まっているという報道も流れています。
山中教授へ受賞後に寄付金437万円! 止まらぬ善意 – 政治・社会 – ZAKZAK
もちろん難病への有効な治療法が生み出されることが第一ですが、さらには日本の未来を支える技術・財産になることを願っています。

なお、この寄付金について昨年から大幅に税制が変わったことはあまり知られていません。
ざっくり計算ですが寄付金の40%が所得税の控除対象となり、税額控除を使うと寄付金の50%が年末調整で還付されます(もちろん支払った税金の範囲内です)。
乱暴な言い方になりますが、自分が共感できるNPO団体などに寄付をすることで、その団体へ税金の配分をさせてしまうと言うことになります。
自分の意思のもとに税金の用途を決められるので、国や自治体を経由すると何に使われてるかわからないやという人にはオススメな制度だと思います。
活用が進むと税収が少なくなりNGO団体が活発になるので、だからこそあまり広報されていないのかもしれませんw
これは民主党の最大の成果だとも言われています。
それでも民主党革命は終わらない ── 改正NPO法と寄付税額控除の導入が日本を変える! (News Spiral)

インターネットの普及で気軽に寄付ができるようになり(クレジットカードで寄付ができちゃいます)、直接のお金のやりとりで社会が支えられるってのも面白いな。

幼児連れの旅行にオススメ「箱根園」(2012年夏)


気づくと10月で下期になっていたという2ヶ月ぶりのブログ更新です。
仕事の新規企画や提案が続き年度末よりも忙しい2ヶ月でした。
今さら夏のできごとを掲載するのもどうかと思いますが、小生個人的な記録と割り切らせて頂きます。

夏休みの旅行について、まだ2歳児の子どもと旅行するには色々な条件を加味する必要があり、検討の結果、近場の箱根旅行をすることにしました。
神奈川出身の小生にとってはなじみ深い保養地です。
ただ箱根は山の中のあちこちに施設が点在しており、そこを子ども連れで巡るのは一苦労です。

そこで色々調べると、西武グループがリゾート開発の拠点とした「箱根園」は、芦ノ湖のほとりにホテル・旅館の宿泊施設、水族館、ロープウェイ、遊覧船船着き場などの娯楽施設を作ったもので、一箇所に全ての施設がまとまっており子ども連れには便利と判断し宿泊を決めました。
箱根園|トップページ

結果は、とても良い旅行となりました。小田原から無料送迎バスが出ており移動も楽で、現地到着後も子どもの昼寝のために旅館に戻って、また夕方から遊ぶと言う幼児を中心とした行動ができました。
2泊のあいだは箱根園近辺から移動することなく、大人も疲れずにゆっくりと過ごせました。
ただ、施設の内容はキッズ動物園やプレイランドなど小学校低学年ごろまでしか楽しめないだろうなという感じです。
また旅館の食事は申し分なかったのですが、箱根園内のレストランの味や量、サービス、そして観光地価格には残念至極でありました。
1990年代のリゾート運営をまだやってんじゃないよ。
総合的には幼児連れにはオススメの場所であります。
以下、写真をいくつか。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年5月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索