自宅ネットワーク構築-(1)無線LANの導入

ここ2~3週間の土日、休日を使って自宅ネットワークを構築しました。
やったことは下記の通り。

1.無線LANの導入
2.NAS(LAN接続型HDD「HS-DH320GL」)の導入
3.ネットワークメディアプレイヤー「AVeL LinkPlayer(AV-LS300DW)」の導入

結果、PCに保存していた大容量のデータ(写真、動画、音楽)をNASに保存して、さらにそれらをテレビで閲覧、再生できる環境が整いました。
(実用までにはいくつか問題がありますが・・・)
以下、作業内容をメモとしてまとめていきます。

1.無線LANの構築

  • 自宅の回線は「Bフレッツ マンションタイプ」(ひかり電話対応)
  • ルータ「RT200NE」は無線LANカードを挿すだけで無線LANが使えるようになる
  • ただしルータに挿す無線LANカードはNTT東日本からレンタルされる「SC-32NE」のみ(他のカードは使えない)
  • 通常はカード2枚(ルータ用+PC用)のセットで月額600円だが、PCが無線LAN内蔵なのでルータ用に1枚だけ(月額300円)レンタルした
  • PC側が正規品のカードでないため付属設定CDが使えない
  • 192.168.1.1に接続してブラウザから設定する
  • SSID隠蔽、TKIP、MACアドレス制限と一通りのセキュリティ

以上で完了です。
作業内容2は、また次回。
補足
・無線LANカード「SC-32NE」はオークションにもでていますが、10,000円程度が相場なので償却するには・・・。
・もちろん別の無線LANルータを購入してブリッジ接続もできますが、電気代、機器購入代、設定の手間を考えると・・・。
参考
NTT東日本フレッツ公式:ひかり電話|料金のご案内|月額利用料
NTT東日本フレッツ公式:Bフレッツ|Bフレッツを知る|料金
教えて!goo NTTのPR200NEで他社製の無線LANカードは使えますか?

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする