W10Kを導入した。

プレゼンなど出先にてインターネットにつなげる必要がありましたが、AirH”や携帯ではまともにプレゼンできる環境にありませんでした。
(ページ遷移ごとに微妙な沈黙。もしくは天気の話題)
そこで検討の結果「W10K」を導入することにしました。
W01K
■第3世代端末比較

キャリア
au by KDDI NTT DoCoMo Vodafone
通信速度 2.4Mbps
(エリア外144Kbps)
384Kbps 384Kbps
サービス名 PacketWin
(CDMA 1X WIN)
FOMA ボーダフォンコネクトカード
機種名 W01K FOMA P2401 VC701SI
パケットプラン 4,000円
(0.025円/パケ)
3,900円
(パケホーダイ)
5,800円
(0.025円/パケ)
ISP au.NET(900円) 無料 0.025円/パケ

(↑趣意書を通すために恣意的に作成しました。間違いはご指摘ください)
購入の申請をして1ヵ月。ようやく手もとに製品が届きました。


インストールは説明書通りで特に支障はありません。
ただしカードをスロットに差し込む際、手応えを感じた後にもう一押しする必要があります。(固い?)
また外付けとしてトランシーバのようなアンテナが付属しており笑えます。
アンテナ1
アンテナ2
(写真は「ケータイ Watch」より)
なおプロバイダはauデフォルトのau.NETにしました。
さて使用感度ですが、場所が街の真中、窓際という好環境のためか、外付けアンテナで最速「900kbps」も出ました。
この速度は体感すると笑えてきます。もはや携帯じゃねぇよ。
まだ実際にプレゼンに持ち出していないので現場での使用感はわかりませんが、かなり期待ができそうです。
(一度2.4Mbpsの範囲外になると144Kbpsで固定されるなどの問題もあります)
ただし料金には十分ご注意ください。
■採用プラン

月額使用料 無料通信料 パケット通信料
パケット割
WINスーパー
7,500円/月

50万パケット分

0.015円/パケット
au.NET 900円/月    

■100万パケット(128Mbytes)の試算

パケット割WINスーパー
月額使用料
超過分パケット通信料 au.NET 総計
7,500円 (50万パケット*0.015円)
=7,500円
900円

15,900円

64Mbyte超過ごとに7,500円かかります。
くれぐれも無線LAN気分でストリーミング閲覧やファイル共有などしないように。
5Mbyteの音楽ファイルなら1曲約600円。パケ代で商品が買えます。
また絶対にパケットプランを使用しましょう(使い放題のプランはありません)。
基本料(1,500円)のみだと1パケット0.1円の従量制なので、
100万パケット(128Mbytes)で簡単に10万円超えします。
技術的なハードルはクリアしており導入への敷居も低いため、定額制などコスト面の課題さえクリアできれば、モバイル ブロードバンドは一気に身近なものになると思われます。
■参考
1X WINカード型端末「W01K」の実力をチェック
CNET Japan Reviews W01K

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする