WordPressアップデートでWPtouch更新したらWP Super Cacheと衝突した。


WordPressをアップデートした際にプラグインもアップデートしたら「WPtouch」「WP Super Cache」が衝突したのでメモ。
(こう言ったメモを残しておかないと記憶を失った数年後の自分が同じ過ちを繰り返す)

当ブログでは2年前のGoogleモバイルフレンドリー対応でスマホ対応ができるプラグイン「WPtouch」を導入しています。
Googleモバイルフレンドリーアップデート対策にブログ(WordPress)をスマホ対応した。(2015年4月24日)
閲覧するユーザーの端末がスマホだった場合に動的に表示を変更するプラグインです。

またWordpressの表示高速化のためにキャッシュプラグイン「WP Super Cache」を導入しています。
(いろいろ試しましたが複数のキャッシュプラグインをいれると、その相互作用で動作不良が多く「WP Super Cache」1本でやってます)

さて先日Wordpressのアップデートとあわせて両プラグインもアップデートしたところスマホ表示されなくなり管理画面に警告メッセージがでました。
“Configuring cache plugins for Wptouch”とのこと。

情報を探すと以下の記事に突きあたりました。
WPtouch の更新で WP Super Cache の設定変更が必要

(抜粋)
・「プラグイン」タブの下のほうの「WPTouch」の有効
・「詳細」タブの「除外するユーザーエージェント」の追加(追加する内容はWPtouchのヘルプに記載あり)
・「コンテンツ」タブの「期限切れキャッシュを削除」と「キャッシュを削除」

WP Super Cacheは動的なデータを静的ファイルとしてキャッシュしてレスポンスすることでWordPressの表示を速めていますが、ユーザの端末がスマホだった際に動的に表示するWPTouchの相性が悪いんですね。
そろそろテンプレートを使ってレスポンシブ化を考えてもよいのかもな。
(独自デザインをレスポンシブ化する気力は無い)

自社の周年サイトの立ち上げでAWSを使用したメモ。


4ヵ月ぶりのブログ更新です。ここ1~2ヵ月は、仕事で複数ウェブサイトの案件が詰まっており、体調を崩して風邪を3週間ほどこじらせています。久しぶりに扁桃腺スパークもしました。

そのうちの1つの案件として自社の周年サイトの立ち上げを行いました。
身バレしてしまいますが下記サイトとなります。
法研 創立70周年特設サイト

私自身がウェブディレクターのような立ち位置なので実際のデザインやコーディングは他社さんに発注しています。
ただ、サーバ環境については後学のためにAWS(Amazon Web Services)で構築しました。
アマゾン ウェブ サービス(AWS) - クラウドコンピューティングサービス

実際のお客様案件ではサーバ運用は専門会社さんに委託するわけですが、自分自身で使っていないとサービス内容や感覚がわからないので自社サイトで試験運用してみた次第です。
以下、その時のメモとなります。
続きを読む

Googleモバイルフレンドリーアップデート対策にブログ(WordPress)をスマホ対応した。


先日Googleがモバイル検索結果のアルゴリズムを変更し、スマホ対応(「モバイルフレンドリー」)したサイトの優先順位を上げると発表し4月21日から実施されました。
Google、スマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を発表、4月21日から適用 ++ SEO HACKS公式ブログ

2日前から実施されていますが、今のところ目立った報告は見られません。検索インデックスへの反映は順次のようです。

「インデックス内のすべてのページにこのアップデートが反映されるまで 1 週間程度かかる見込みです。」
Google ウェブマスター向け公式ブログ: 4 月 21 日のモバイル フレンドリー アップデートについてのよくある質問

勘違いしている方も多いのですが、あくまでも「モバイルでの検索結果」であり、スマホで調べたときにスマホで見やすいサイトが上位に来るのは自然な動きだと思います。
一方で、Google担当者も「相当なインパクトはあると思います」と述べているので、検索結果が激変する可能性が高いです。
モバイルフレンドリーについての疑問にGoogleが直接答えてくれた! ~The 13th In-house SEO Meetupレポート – Tokyo Search Professionals

小生が仕事で手がけている案件でも、また当ブログにおいても、流入の半分近くはスマホ(モバイル)なので、この流入が仮に「無くなる」と考えると、その影響は非常に大きいものになります。
画像は当ブログの直近1週間の割合。PCが約60%。
ga-mobile
特にECサイトなど直接の売上に結びつくサービスの場合は売上の半分が無くなると大変な事態でしょう。
※Googleは「検索結果に出なくなるわけではない」と言っているので「無くなる」ことはないと思われます。

通常の静的HTMLで制作したウェブサイトですとスマホ対応は作り直しに等しい作業となりますが、WordPressのようなCMSの場合はプラグイン導入で容易にスマホ対応が可能となります。
(ただし、凝ったことをしようと思うと、やはりデザイン(テーマ)から見直さなければならない)

いくつかプラグインを検討して今回は「WPtouch」を導入しました。
WordPressのスマホ対応を助けるプラグインWPtouch Mobile Plugin | たかなblog

プラグインをインストールすればすぐにスマホ対応が可能です。
ただし無料利用だとデザインの制約があるのとGoogleAdsenseの表示ができません。
正確にはソースコード(/wptouch/themes/bauhaus/default/single.php)に直接書き込めば表示されますが、プラグインがアップデートされるごとに消失するので、そのたびに書き直さなければなりません。

以上でスマホ対応は完了です。当ブログにおけるスマホ対応は3月頃に行いました。
感触として、スマホ対応してからはGoogleAdSenseのクリック率が高くなったような印象があります。たしかにスマホでPCサイト拡大表示して読んでから、そこにある広告バナーをクリックというフローは少なそうだ。

iPhoneの誕生からまだ10年経過していませんが、モバイルファーストの時代がやってきました。いずれウェアラブル端末対応が必須になる時代がくるのでしょうか。

新しいブログ「育児で買ったモノたち」を始めました。


以前よりあたためていた企画で新しいブログを始めました。
「育児で買ったモノたち」
ikuji-banner

4歳の長男と0歳の長女の育児で買った「モノ」を軸にしてつづっていこうと思っています。
長男が生まれての初めての育児は、今までの生活では全く必要の無かった「モノ」存在すら知らなかった「モノ」を購入することになり、購入の判断基準を持っていない中で、ゼロから情報収集を行うのは面倒で手間のかかることでした。
PCやIT系のいわゆるガジェット類は、これまで自分が見てきた商品との比較検討が可能ですが、育児関連の商品はそのような知識の下地が無いため、その都度、Amazonのレビューを見たり、使っている人の評判をブログ検索したりしていました。

今回のブログの企図としては、育児を始める人、育児真っ最中の人に、とある人が育児で使ったモノとして一連の情報を提供できればと考えています。
もっと便利なモノ、もっと優れたモノがあるかもしれませんが、あくまでも小生の主観としての紹介です。
情報化がどんどん高度になるにつれ、このような主観の情報提供が重要性をもってきているのではないかと考えています。

裏テーマとしては、アフィリエイトサイトってどんなもんなのか、試してみたかったというところです。
仕事でウェブサイト構築はしますがコーポレートサイトが多く、直接利益を得るためのサイトの分析や運営経験があまり無かったので。

で、始めて1週間ほど経過し、育児関連商品ってアフィリエイトには向かないなと実感しています。
アフィリエイトで利益を得ようとするならば、第一にテーマ選択が重要ですね。
もちろん更新も大事です。Google様の覚えが良いように1日1回以上の更新を目標にしています。
はたしてネタが続くんだろうか・・・。

ロフトワークのセミナーに行った。(5/10)

ウェブディレクションで有名なロフトワークの無料セミナーに5月10日に参加しました。
2ヵ月前で今さら感がありますがそのメモです。
参加したセミナー↓
ユーザーコンテキストに応えるWebライティングの鉄則 開催レポート

小生は出版社のウェブ部門で働いていると言うこともあり、「Webライティング」のノウハウを学べれば良いかなーという軽い気持ちで行ったところ、「コンテンツ戦略」という深いテーマが裏側にあるとても有意義なセミナーでした。

以下、箇条書きメモ。「#」は自分のことば。

●林氏(ロフトワーク)セッション

  • 「BI」(Before Internet)と「AI」(After Internet)。
    #このキーワード使える!
  • BIのコンテンツ戦略はAIとは全く違う発想で捉える必要がある。
    (引用)セッション資料
  • Mapで進み方を見せるのではなく、Compassで方向性を示す。
  • 1年かけて計画(Theory)ではなく、1ヵ月でのリリースと12回の更新(Practice)。

●井上氏(ロフトワーク)セッション

  • ユーザーとの接点を明確化(ヒアリングシート/ターゲットを絞り込む)
  • ユーザーの反応をコンテンツに反映(Facebookの反応/季節・時事ネタ)
  • 垣根のないチーム構築(Facebookの非公開グループで担当者レベルで議論)
    #しかしこれは「コンテンツ制作の受託」という発想では難しいな。「一緒に運営」という形態でないと。

●中野氏(Web Professional編集長)セッション

  • ウェブメディアでの収益モデル類型
    →「広告+イベントモデル」「雑誌+イベントモデル」「書籍販売モデル」
    #当たり前かもしれないけど「ウェブメディア」単独での収益化は難しいのね。
  • ソーシャルの時代では広報・宣伝とは異なる「コーポレートキュレーション」が必要。
  • 情報発信して自社に誘導するという発想ではなく、「話題」に対して自社の情報を「加工」して提供するという発想。
    #炎上してるところに燃料投下するイメージか。
  • 「乗っかるPR」→自社メディアにコンテンツを事前に用意しておき、適宜タイミングを見て投入していく。
  • 用意するコンテンツはいかにもな商品紹介ではなく「普通名詞」的な紹介が良い。
  • ウェブライティングの技法→そんな都合の良いものは無い→それを言うと台無し→一応テクニックはある。
  • 検索エンジンを意識したコンテンツづくり→「Howto動詞のコンテンツ」
    →「エアコン」ではなく「エアコンの取り外し方」でコンテンツを用意。
  • ただしこう言ったテクニックではなく「ニッチ」(くぼみ・ぴったり当てはまる)マーケティングでコンテンツが作られることが重要。

●藤井氏(Axis)セッション

  • Googleの検索結果からアルゴリズムを逆解析。
  • ドメインは古い方が良い都市伝説→本当→ただし「使用されている」必要がある。
  • Googleは更新性などの対ユーザの要素を高く評価する方向に進んでいる。
  • つまりコンテンツが大事になってきた。

以上メモ。
ウェブライティングのテクニックを知れればという気軽な気持ちで行ったら、「ウェブにおけるコンテンツの意味とは?」という深いテーマを考えるきっかけになりました。
とくに出版社でコンテンツが商品であるウチの会社には喫緊のテーマです。

終了後に仕事の相談でロフトワークの方と名刺交換した際に、その方が以前に別の勉強会で一緒になった方だったのにお互い気づいて笑いました。この業界は狭いのかな。
あとロフトワークの代表取締役の林さんはずいぶんと可憐な女性だなと思いました。
クシャナ殿下やハマーン・カーンのように、トップが美しい女性というのは男子の憧れであります。
おしまい。

(参考)
ロフトワークの林さんが書いたこちらの本は、自分の仕事の進め方の大いなる指針となりました。
Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す
Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索