簿記2級試験まで残り1ヵ月


社会人として幅を広げるために今年から勉強を始めた簿記。
簿記3級の試験があったのが2月末です。
(参照)簿記3級を約1ヵ月で受験した。(追記:合格した)
問題レベルが容易だったことに助けられ何とか合格を果たし、そこから5ヵ月後の7月末から簿記2級の勉強を開始しました。
簿記2級・勉強の履歴
テーマ「簿記2級の勉強」 by umakoya|30日ブログ
テーマ「簿記2級の勉強2」 by umakoya|30日ブログ
テーマ「簿記2級の勉強3」 by umakoya|30日ブログ
そしてあっと言う間に次回第123回・日商簿記検定試験の11月15日(日)まで1ヵ月となりました。
今回は資格の学校TAC[タック]に通うことに決め、なんとか授業に喰らいついていくも、仕事の忙しさや体調不良や各種イベント事や飲み会で、想定カリキュラムから落ちこぼれつつあります。
簿記2級の合格水準の勉強時間は160時間~200時間と言われており、小生の現時点での勉強時間は95時間程度。
残り30日間を考えると、最低でも1日2時間以上は勉強しないと合格水準に達しません。
そう考えると絶望的な気持ちになりますが、何とか諦めずに残り1ヵ月を邁進したいと思います。
そして総務で働く後輩から、さらっと簿記2級を持っていることを告げられ、ますます暗澹たる気持ちになるのでした。
#余談
TACの夜授業には周辺オフィスで働いていると思われる若い女子OLがたくさんいるよ!
みんな、ここで出会うと良いよ!
試験1ヵ月で目に殺気が宿っているけど。

池上本門寺のお会式に行ってきた。


自宅からギリギリ徒歩圏内にある池上本門寺。
ここは日蓮の臨終の地であり、その命日の10月13日は「お会式」(おえしき)と呼ばれる法要が営まれます。
その前日の12日夜に行われる万灯練供養という行列が盛り上がるとのことで、西馬込に住んで3年目にして初めてお会式に行くきました。
ちょっとした祭りなのかなと思っていたらバス通りが交通規制されるレベル。
初詣の比じゃない凄まじい人出。
IMG_0104.jpg
写真遠くに見える明かりが万灯で、これが100基以上、池上の町を練り歩きます。
池上駅前。
IMG_0106.jpg
以下動画。
纏に先導されて万灯が町を進みます。



神田の神輿のように全国的なニュースになること無く、こんな盛大な祭りが都区内で行われていることが意外でした。
新興住宅地で育った身には、このような地元に根付いた歴史あるイベントに触れられるのがとても新鮮です。
(参照)
池上本門寺のお会式(池上本門寺公式サイト)
YouTube – ikegamihonmonji さんのチャンネル(池上本門寺のYouTubeチャンネル)

有楽町の千葉スペシャルで靴を磨いた。


有楽町駅高架下の靴磨き屋さん。
小生のような若輩者が靴磨きをしてもらうことが恥ずかしかったのですが、ついに勇気を出して磨いて頂きました。
そこは千葉スペシャルと銘打った靴磨きです。
千葉スペシャルでググれば大量にヒットする有名所。
近辺の靴磨は500円程度のなか、そこは800円(師匠900円)という価格設定。
しかし昼休みになれば順番待ちの列ができています。
小生も10分ほど待って磨いて頂きました。
左がBefore、右がAfterです(写真が粗くてわかりにくい)。
shoes.jpg
丹念にクリームがすり込まれ、輝いていく自分の靴を見るのは感激すら覚えます。
深い茶色の靴だったのですが、複数種類のクリームがあるので(?)どんな色でも対応して頂けそうです。
お話しを聞くと、固く絞った布で拭けばこの輝きが1ヶ月くらいは持つとのこと。
自分で面倒な靴の手入れをすることを考えるとコストパフォーマンスは高い。
常連になりそうな気がする。
さてこの磨かれた靴で、これから友人の結婚式に行ってきます。
残念な雨ですが、磨かれた靴はシブキをものともしないはず。
(参考)
HOME: スリ込み式、千葉スペシャル
(雰囲気はこんな感じ。初めてだとドギマギする)

頭痛薬を飲んで酒を飲んだら泥酔した件


先週の木曜日から週末にかけて連日お酒を飲む機会がありました。
(そのためブログの更新が滞っています)
その内の一日、肩凝りからくる(?)頭痛があったので市販の頭痛薬を飲み、その後に飲み会に参加しました。
頭痛にあまりならない体質なので頭痛薬を飲むことはほとんど無く、アルコールと併用するという意識がありませんでした。
飲み会の席では少し酔いが早いなという程度だったのですが、帰宅途中から記憶がかすれ、帰宅後にソファに横になって目をつむって次に気づいたら朝の5時・・・。
そして凄まじい不快感と吐き気と頭痛とめまい。起き上がることもできない。
結局、社会人としては禁断の飲んだ翌日の午前休をしてしまいました・・・。
それほどの量は飲んでいないのに、なぜここまでの二日酔いなるのか不審に思い、そして頭痛薬に思い至りました。
花粉症や風邪の薬を飲んで酒を飲むことは過去に何度もありましたが、確かに頭痛薬を飲んでから酒を飲んだことは無かった・・・。
頭痛薬を飲み慣れていないなどの体質もあるのでしょうが、鎮痛系の物質とアルコールを一緒に飲むことで効果が激化したようです。
そして思い出されたのが中川昭一元財務相のG7での酩酊会見。
あの時はどんだけ飲んでんだよ!など小生も憤っていましたが、少量の酒でも薬を飲んでいれば急速にあのような状態になることもあり得るなぁと考え直した次第。
・・・と、ブログに書こうとしたら中川氏の急死。
なんてこった。
部屋からは薬と、体内からアルコールが検出されたようで、小生も一歩間違えれば危なかったのか?
中川氏、循環器異常・血液中にアルコール : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

等々力渓谷に行ってきた。


連休中に都区内唯一の渓谷「等々力渓谷」に行ってきました。
等々力渓谷 – Wikipedia

谷沢川が等々力付近の国分寺崖線を流下する際に削り形成した渓谷で、台地面との標高差は 10m ほどである。周辺で宅地化が進んだ今もなお森林が残り、斜面の各所より湧水が見られる。

東急大井町線の等々力駅から徒歩5分。住宅地の中に突然、崖をくだる階段が現れます。
IMG_0043.jpg
まさに谷の合間。どこの奥多摩だよという風景になります。
IMG_0046.jpg
IMG_0048.jpg
このような地形はやはり古くから信仰の対象になるようで、役小角ゆかりの地でもあります。
歩いて1kmほど行くと不動の滝不動明王像があります。
IMG_0050.jpg
そこから再び崖を登れば等々力不動尊です。
IMG_0053.jpg
等々力駅には目黒通り沿いに戻りますが、こちらはうって変わって自動車の喧騒の中でした。
あいにくの曇天模様で鬱蒼とした雰囲気でしたが、晴れた日は爽やかで気持ちよさそうです。
23区内で交通の便も良く、気軽にリフレッシュできるスポットとしてオススメです。
ハイヒールでデートしている女子もいましたが、歩き難い箇所もあるのでスニーカーの方が良いかもしれません。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索