さらば、ジゴロウ。

小生がこよなく愛し、欠かさず見ている「テレビ神奈川(tvk)」番組「sakusaku」
そのメインキャラクター「ジゴロウ」が7月1日(金)をもって突然の降板となりました。
著作権トラブルにより、キャラクターを使用できなくなったようです。
aikoとジゴロウ
(2004年8月第4週aiko出演時)
ジゴロウ曰く「大人の事情」「元老院の決定」
tvkから視聴者に説明はなく、著作者のダイスケやぬいぐるみを製作した「増田のおばちゃん」からのコメントがあるのみです。
Dice-k-expressの愛鯖:ファンの皆様へ
PB’-factory:ジゴロウの件
察するに、「なんとなく」ジゴロウを使用して番組をつくってきたら(その「いい加減さ」が番組の面白さでもあるのですが)、当初想定していなかった商品化や継続したキャラクターの使用、版権など諸々の権利関係について権利者間で調整がつかなくなり、ゴタゴタを嫌ったTVK側がばっさりとキャラクターの使用を取りやめたのだと思います。
思えば小生がsakusakuを見始めたのは4年以上前。
その脱力感あふれる画面に衝撃を受けてから。
あかぎあい降板も乗り越えて、今に至っております。
過去には♪てーてーてーのコーナーで写真が採用されたこともありました。
mtfuji.jpg
陽のあたらない美術館:俺とジゴロウの部より)
最近では番組DVDも購入しました。DEPAPEPEの「Let’s Go!!」も購入しました。
saku saku Ver.1.0
声の主である「黒幕」は続投し、番組は引き続きます。
「モビルスーツが変わるだけ」とのことですが、小生のテンションは、そして涙ぐんでいた木村カエラのテンションは、今後も維持していけるでしょうか。
ジゴロウの最期の言葉。
「笑いは会議室で起こっているんじゃない、現場で起こっているんだ!!!」
合掌。
参照
7月1日で人気キャラ「ジゴロウ」“降板”/tvk(神奈川新聞社サイト)
「sakusaku」ジゴロウ続投希望署名(思えばDVDの発売延期もこの権利関係が原因か)
TVK:「sakusaku」スタッフ一同(このコメントじゃ苦情必至。週一で放送中の地方局との契約にも影響するのでは)
ヨコハマ経済新聞-地方局の「超」個性。ヨコハマ発 カリスマ番組「saku saku」の全貌(sakusakuについて特集記事)
エンタメの野望 style works 増田ジゴロウ引退(番組最後での図解説明キャプチャ画像があります)
オザワstyle:何故?(ジゴロウ降板を前に「おまえらの 夢とかを ぶっこわ」すために黒幕登場のキャプチャ画像があります)

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

コメント

  1. 何故?

    先週ついにモザイク無しで登場した黒幕。
    昔、牛角で収録したとき以来でしょうか・・・
    しかし、とても不自然。
    そして今週sakusakuのHPに
    「今週でジゴロウの出演は、おしまい。」
    とのおしらせが!
    なぜ、このタイミングで(゜∇゜ ;)エッ
    人気blogランキングへ
     

  2. 大人の争いに巻き込まれちゃって・・・あれから一週間(前編)

     
    視聴者もスタッフも不安だったと思うこの一週間。
    四角いキャラクターがいないのは寂しい・・・
    読んだら押してね!人気blogランキング