もんたメソッド実用化-PowerPointで「もんた」-



先日、顧客50名ほどを前に自社商品のプレゼンをする機会があったので、プレゼン手法として(一部で)話題となった「もんたメソッド」を実践してみることにしました。
はてなダイアリー – もんたメソッドとは
使用したソフトはビジネスシーンではお馴染みのPowerPointです。
これまでKeynoteJavascriptYappoLogs: 既存のページにもんたメソッドを簡単に組み込むツールを作った)での例はありましたが、PowerPointでも「もんたメソッド」を実現できれば、ビジネスシーンでの利用に弾みがつくと思われます。
PowerPointには様々なアニメーション効果が組み込まれていますが、試行錯誤の末、下記のように「もんたメソッド」を実装することに成功しました。
「めくり感」を美しく表現できているのではないかと自負しております。
もんたメソッドPowerPoint
もんたメソッド実用化-PowerPointで「もんた」-
(PowerPoint2002:120KB)
FLASH版:一部のみ)
プレゼンの内容は、IT関係に詳しくない顧客に対してインターネットの普及状況を示し、ぜひ弊社商品の導入をご検討ください、といったものです。
今回はサンプルとしてその前半部分を掲載しています。
上記PowerPointでの「もんたメソッド」実装手順は次の通りです。


1.隠す部分
「オートシェイプ」→「基本図形」→「メモ」で表現します。
右下隅のめくれ具合にリアリティがあります。
monta3.gif
2.アニメーション効果
「アニメーションの設定」→「効果の追加」→「終了」→「ストリップ」です。
「終了」効果にするのがポイントです。
monta1.gif
3.めくる方向は「右下」から
はがす部分が右下隅にあるので、めくる方向は「右下」からになります。
monta2.gif
以上で設定は完了ですが、きれいに文字を隠すためにはプロパティでサイズ、位置の微調整が必要です(これがけっこう面倒)。
■長所
・見る側の興味、関心を引きやすい
→顧客相手だったので客席に話を振ったりしませんでしたが、少人数の席では「はい、前に座ってるお嬢さん」とかやりやすいかもしれません。
・変なアニメーションより効果的
→モザイクやグラデーションで文字に複雑な効果をつけるよりも、「もんたメソッド」はアナログ的でありながら非常に効果的です。
ないものが現れるのではなく、「あるモノが隠れている」ことが心理的に注意をひきつけられるのだと思われます。
■短所
・「もんたメソッド」が使いづらい場面
→「もんたメソッド」は文字を隠すだけなので汎用性が高いのですが、フローチャートなどを図示する場面では使いにくいです。
またあまりに隠されている部分が多いと、見る側をイラつかせる要因にもなります。
・配布資料として印刷すると訴えたいところが全て隠れた状態で印刷される
→これはかなり致命的で、場合によってはプレゼン用と配布用のデータを別につくる必要があるかもしれません。
今回の「もんたメソッド」によるプレゼンは好評であり、ふざけているような印象も持たれなかったので、今後も積極的に「もんたメソッド」を活用していきたいと考えています。
見る側がPowerPointの過度なアニメーション効果に食傷ぎみなのか、あるいはアニメーション効果自体が目立ってしまい、プレゼン内容が伝わりにくくなるのか。
プレゼン技法に一石を投じる「もんたメソッド」でした。
参照
bricklife.weblog.*:「もんたメソッド」は○○なプレゼン手法だ (説明ムービーなど)(ここが発祥の地)
高橋メソッド(こちらも独特なプレゼン手法。インパクトは強いが・・・)
高橋メソッドは書籍も出たようです。
でかいプレゼン 高橋メソッドの本
でかいプレゼン 高橋メソッドの本
パワーポイントからFlashへの変換ツール(PPTデータをFLASHに変換。今回は試用)


“もんたメソッド実用化-PowerPointで「もんた」-” への7件のフィードバック

  1. 梅田っス より:

    スゲエ。今度この「もんたメソッド」でプレゼンお願いします。

  2. 馬小屋 より:

    これは静岡の例の会議で実際にやってみました。
    少し一方通行となる説明会の場所では使いやすいと思います。

  3. みんの より:

    起伏大行進。

  4. DD より:

    15部門で各々5分間の持ち時間、一番地味な内容なのに一番インパクトがあるプレゼンになりました。部門長からは「判りやすかった」とお褒めのお言葉、若手からは「今度 客先プレゼンに使わせてもらいます」 いやぁ 痛快でした。
    窓際おぢさんの大逆襲でした。

  5. 馬小屋 より:

    「もんたメソッド」を実践されたのですね!
    すばらしい!
    まだまだ広まっていないので隠し球として通用しそうです。

  6. akuzawa.net より:

    聞き手の集中力を維持できそうなプレゼン手法

    「もんたメソッド」は○○なプレゼン手法だ- bricklife.weblog….

  7. […] もんたメソッド実用化-PowerPointで「もんた」-陽のあたらない美術館 […]

コメントを残す