airweaveのクッションを4年ぶりに買替→ふるさと納税にあった


airweave

ウェブディレクターという職業病でしょうか。メールや資料作成などのデスクワークが多く腰痛が持病になっています。
半年前から1~2週の頻度で水泳をするようになり腰痛が改善していたのですが、先日の急な寒さ(+子どもの抱っこ)によりギックリ腰になってしまいました。


ギックリ腰になると腰の重要さが心身ともに体感できるので、ギックリ腰になったことが無い方はぜひ一度体験することをおすすめします。

少しでも腰痛を予防するために会社の自席にはairweave(エアウィーヴ)のクッションを置いています。

airweave(エアウィーヴ) 体圧分散を実現 エアウィーヴクッション
エアウィーヴ
売り上げランキング: 74,757

色々と試しましたが、このクッションは低反発のような沈み込みがなく、尾てい骨周辺に集中する体重を分散して全体でしっかり支えてくれるので腰痛もずいぶん改善しました。しかし、いかんせん約4年前に購入したものなので、今ではクッション性は薄れぺっしゃんこになっていました。
そこで今回のぎっくり腰を機に新品を導入しました。

4年くらい経過したairweaveのクッションと新品。#airweave

Koichi Yamazakiさん(@umakoya)が投稿した写真 –


4年のへたり具合。

そして賛否両論ある「ふるさと納税」の返礼品でairweaveのクッションが受けとれることが判明。
【楽天市場】【ふるさと納税】エアウィーヴ クッション:愛知県幸田町
愛知県幸田町は株式会社エアウィーヴの創業の地で工場が今でもあるようです。
ニュースリリースが出ていました。
エアウィーヴが愛知県幸田町のふるさと納税パートナーになりました。(2016年5月31日)
定価1万円程度のものを2万円の納税で受けとることができます。

ただ本来は購入する予定だったものをこのように「ふるさと納税」で受けとってしまうと、なんだかこの会社の機会損失のような気がしますが…小市民としては「得した」と感じるにとどめたいと思います。

自社の周年サイトの立ち上げでAWSを使用したメモ。


4ヵ月ぶりのブログ更新です。ここ1~2ヵ月は、仕事で複数ウェブサイトの案件が詰まっており、体調を崩して風邪を3週間ほどこじらせています。久しぶりに扁桃腺スパークもしました。

そのうちの1つの案件として自社の周年サイトの立ち上げを行いました。
身バレしてしまいますが下記サイトとなります。
法研 創立70周年特設サイト

私自身がウェブディレクターのような立ち位置なので実際のデザインやコーディングは他社さんに発注しています。
ただ、サーバ環境については後学のためにAWS(Amazon Web Services)で構築しました。
アマゾン ウェブ サービス(AWS) - クラウドコンピューティングサービス

実際のお客様案件ではサーバ運用は専門会社さんに委託するわけですが、自分自身で使っていないとサービス内容や感覚がわからないので自社サイトで試験運用してみた次第です。
以下、その時のメモとなります。
続きを読む

自宅のデッドスペースにサイズ注文で棚を作った


自宅の寝室の窓際に微妙なデッドスペースがありました。
IMG_8308
窓の横の壁で腰くらいの高さに横板が伸びており、ものは置けるのですが奥行が20cm程度で本を並べられる程度です。
そこでここに既製品の棚やカラーボックスでも乗せようかと色々と探してみましたが、奥行きがないため倒れてくるる危険性があり、地震用のツッパリ棒との組み合わせも探しましたが、そもそもこのような中途半端なスペースにピッタリはまるような既製品は存在しませんでした。

そこで注文で棚の作成をと思いましたが、オーダーメイド家具という扱いとなり気軽に(安価で)注文できるようなお店はありません。
自分自身でDIYで作ることも検討しましたが、時間と手間をかけても自分の不器用さゆえに良いものができるとも思えず、失敗作を毎日眺めることになると快適生活どころかかえってストレスMAXになりそうです。

はたはた困っていたときに、たまたまインターネット検索の海の中にピッタリのお店を見つけました。

オーダーメイド本棚通販・オーダー本棚 ならオーダーメイド家具工房
リバグラガーデンホーム
http://www.rivergra.com/

  • 1mmサイズで注文できる
  • 背板不要
  • 棚が天井まで届く
  • ツッパリ機能で支える
  • 数万円でできそう

コレだ!!
続きを読む

長男が6歳に長女が2歳になった。


son_6years_old

数ヵ月に1回の頻度に落ちたブログ更新です。
共働きで2人の幼児の対応をしていると家事タスクの完了が遅延しがちであり、睡眠タスクの開始がずれこむ状況となっております。そこにブログ更新タスクを割り込ますことがなかなか困難となっています。

そんな毎日でも子どもはどんどん成長していきます。
長男が6歳(保育園年長)になり、長女は2歳(保育園2年目)となりました。
続きを読む

2015年を省みて2016年を計る。


シダトレン

ブログ更新が半年くらい止まっていました。2016年初めてのブログ更新となります。このブログを続けて12年目となりました。
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年

妻が育休から復帰し、5歳半長男、1歳半長女が保育園通いするようになりました。日常運用には1日の時間がマイナス状態です(日次タスクの完了が0時を過ぎてしまい睡眠時間に割り込みしている状態)。
やはり共働きでの育児はハードです。政策としての育児支援も補助金や税控除等ではなく、ちょっと子どもの面倒を見てくれたり、家事のサポートをしてくれるような、人手支援の制度や施設をたくさん作ってくれる方が直接的で助かります。

閑話休題。
続きを読む