実体験!オレオレ詐欺の手口

実体験!オレオレ詐欺の手口その1
その5まで続きます。
実は同僚も危機一髪でした。
実家などに、本人不在時に「オレ、オレ」と電話がかかってくるのがこれまでの手口ですが、
同僚(仮に「タロウ」とする)の場合、直接本名の名指しで電話がかかってきました。
リンク先と同様、個人情報漏れとのあわせ技です。
手口としては実家に電話し「タロウを監禁してる。息子の借金を返せ」と脅し、本人も電話口に出て金を振り込むようお願いすると言うものです。
(本人役は「風邪ひいてあまり声が出ない」ことになっている)
間の悪いことに、親御さんが確認を取ろうと仕事先に電話を入れた時に同僚は外出しており、小生がその電話を取ったのですが、「タロウは風邪をひいてませんか?元気ですか?」とかなり混乱気味でした。
名指しで電話がかかってくるとそれだけで心理的な壁が低くなるようです。
最近のセールスの電話も名指し、しかも下の名前で呼び出してきますし。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

コメント