楽天ビジネスを使ってみた(発注)。

ある案件について自社でまかなえないため委託先探しに楽天ビジネスを使ってみました。
【楽天ビジネス】ビジネス一括見積・比較サイト!発注・外注探しはこちら
楽天ビジネスは発注会社と受注会社のマッチングサイトで割と古くからあります。
小生も過去に数回の利用実績があり、その内の一社とは今は大きな取引をしています。
まずは新規見積依頼。
rakuten-biz2.gif
入力フォームに案件内容(Webデザイン?システム開発?ネットワーク構築?)や、予算、納期などを入力していきます。
案件の内容は詳細に、かつ自社の身元がわからないようまとめるのがポイントです。
登録が終わると楽天ビジネスの担当者から連絡があり、問題なければ見積依頼は受注会社に公開されます。
rakuten-biz1.gif
受注会社は公開された案件の内容を検討して見積と提案を登録します。
この時点ではまだ発注会社名はわかりません。
↓画面では2件の見積が寄せられています。
rakuten-biz3.gif
寄せられた見積を比較検討して「商談申込」もしくは「お断り」をします。
rakuten-biz5.gif
商談申込をすると発注会社の連絡先が受注会社に送られ、後は楽天ビジネスを離れた直接の商談となります。
この商談申込に対して(商談の可否に関わらず)、受注会社は手数料(数千円)を楽天に支払います。
これに対して発注側に利用料はかかりません。
今回は見積が寄せられた3社の中から、一番見積価格は高かったものの提案がしっかりしていた会社様に商談申込、発注をしました。
ゼロの状態から効率よく見積の比較検討、発注ができるので非常に助かります。
むしろ、まったく縁のない会社と取り引きを始めることに対する社内調整の方が大変だったりしますが・・・。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする