Googleモバイルフレンドリーアップデート対策にブログ(WordPress)をスマホ対応した。


先日Googleがモバイル検索結果のアルゴリズムを変更し、スマホ対応(「モバイルフレンドリー」)したサイトの優先順位を上げると発表し4月21日から実施されました。
Google、スマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を発表、4月21日から適用 ++ SEO HACKS公式ブログ

2日前から実施されていますが、今のところ目立った報告は見られません。検索インデックスへの反映は順次のようです。

「インデックス内のすべてのページにこのアップデートが反映されるまで 1 週間程度かかる見込みです。」
Google ウェブマスター向け公式ブログ: 4 月 21 日のモバイル フレンドリー アップデートについてのよくある質問

勘違いしている方も多いのですが、あくまでも「モバイルでの検索結果」であり、スマホで調べたときにスマホで見やすいサイトが上位に来るのは自然な動きだと思います。
一方で、Google担当者も「相当なインパクトはあると思います」と述べているので、検索結果が激変する可能性が高いです。
モバイルフレンドリーについての疑問にGoogleが直接答えてくれた! ~The 13th In-house SEO Meetupレポート – Tokyo Search Professionals

小生が仕事で手がけている案件でも、また当ブログにおいても、流入の半分近くはスマホ(モバイル)なので、この流入が仮に「無くなる」と考えると、その影響は非常に大きいものになります。
画像は当ブログの直近1週間の割合。PCが約60%。
ga-mobile
特にECサイトなど直接の売上に結びつくサービスの場合は売上の半分が無くなると大変な事態でしょう。
※Googleは「検索結果に出なくなるわけではない」と言っているので「無くなる」ことはないと思われます。

通常の静的HTMLで制作したウェブサイトですとスマホ対応は作り直しに等しい作業となりますが、WordPressのようなCMSの場合はプラグイン導入で容易にスマホ対応が可能となります。
(ただし、凝ったことをしようと思うと、やはりデザイン(テーマ)から見直さなければならない)

いくつかプラグインを検討して今回は「WPtouch」を導入しました。
WordPressのスマホ対応を助けるプラグインWPtouch Mobile Plugin | たかなblog

プラグインをインストールすればすぐにスマホ対応が可能です。
ただし無料利用だとデザインの制約があるのとGoogleAdsenseの表示ができません。
正確にはソースコード(/wptouch/themes/bauhaus/default/single.php)に直接書き込めば表示されますが、プラグインがアップデートされるごとに消失するので、そのたびに書き直さなければなりません。

以上でスマホ対応は完了です。当ブログにおけるスマホ対応は3月頃に行いました。
感触として、スマホ対応してからはGoogleAdSenseのクリック率が高くなったような印象があります。たしかにスマホでPCサイト拡大表示して読んでから、そこにある広告バナーをクリックというフローは少なそうだ。

iPhoneの誕生からまだ10年経過していませんが、モバイルファーストの時代がやってきました。いずれウェアラブル端末対応が必須になる時代がくるのでしょうか。

Google AdSenseの広告配信が停止された。


このブログでは「Amazonアソシエイト」と「Google AdSense」の広告を掲載しておりサーバ費用の足しとしています。
Amazonアソシエイトは商品リンクから購入された売上の数%が、Google AdSenseはバナー広告のクリックに応じた収入となります。
二つあわせても小学生のお小遣いに満たない金額ですので、世の中のブロガーさん達がどのように生活しているのか謎です。

Google AdSenseはブログに書かれた「キーワード」にマッチした広告が表示されるため、そのブログの記事内容について非常に厳しいポリシーを掲げております。
そして当ブログもそのポリシーに引っ掛かってしまい2月中旬に突然Googleよりメールが届きました。

お客様のウェブサイトに AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないサイトがあり、その結果、そのウェブサイトへの広告配信が停止されていることをお知らせいたします。
(以下略)

メールには広告配信が停止された理由と該当URL例が記載されていますので、内容を改善して申し立てすれば広告配信は再開されます。
小生はもちろんGoogle様に逆らうことはできないため、粛々とブログ記事を改変し再開の申し立てを致しました。

そして数日後メールが届きます。

慎重に確認しましたが、お客様のサイトで引き続き違反行為が行なわれているため、現在のところ、お客様のサイトへの広告配信を再度有効にすることはできません。

そう、掲載されたURLはあくまでも「例」であるため、他に違反している箇所が無いかブログ全体を見直す必要があるのです。
細々とですが2004年8月から9年間ブログをやっており、記事数は700ほどあります。
この中からポリシーに抵触している記述を探せというのか・・・。

その後に該当すると思われる記事を削除して2回ほど申し立てをしましたが、ことごとく却下。
仕事が年度末に入り忙しくなったため、小学生のお小遣いを気にしている余裕はなく、そのまま放置しました。

そして数ヵ月が経過して8月末。
ふと「あの記事が問題では?」と思いつき、その記事を削除して再申請しました。

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、ありがとうございます。umakoya.com を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしました。

晴れて広告配信が再開されました。

まさかあの記事だったのか・・・という内容なのですが詳細は割愛させて頂きます。
何か書くとまたポリシーに触れそうだ。

Google AdSenseの広告配信停止は話しには聞いていましたが、ある日突然やってきます。そして再開にはブログ全体に問題が無いか見直さなければならない。
もちろん広告が再開されるまでは収入ゼロです。
広告収入で生活されているブロガーのみなさんは、何気なく記事を書いているようで、実は慎重に記事内容を取捨選択しているのかもしれません。
自由なはずのブロガーが、実は広告主に縛られるとは皮肉なものです。

まぁ、広告収入を考えなければ良いのでしょうが、貧乏性のため何か機会損失しているように感じてしまい、小学生のお小遣いをありがたく頂戴している次第です。

(参考)
Google AdSense広告をいきなり停止されまして | No Second Life
(このかたの流れがまさに小生と同じ。途中で対応がイヤになって放置しますw)

私、西馬込住人だけど


私、西馬込住人だけど、Google Street Viewの謎の空白地帯は日蓮宗総本山である池上本門寺の結界だよ。
Google Street View がキモイ問題その3 – 捨身成仁日記 炎と激情の豆知識ブログ!

久が原は関東大震災後富裕層が移住して出来たお屋敷街。芸能人では渡哲也などが在住している。なんていうか、こういう後がめんどくさそうなところは避けてますなw

結界の範囲
honmonji.jpg
たしかに久が原、池上本門寺近辺は庶民が住む場所ではないけど、小生の近所は工業地帯。
大田区零細工場の技術力は世界一ィィィィィィ!な旋盤工場や、倉庫、クリーニング工場がいっぱいです。
空白地帯が蒲田まで及んでいることを考えると、お屋敷街を外したのとは別の理由があるように思えます。
(東京の中心には、もっと撮影しちゃいけない地区があるでしょう)
とりあえず小生の自宅はまだ撮影されていないようなので、これから塀を70cm高くしておきます。
高木浩光@自宅の日記 – 日本の家屋の塀はグーグル社に適応して70センチ伸びるのか
Google、日本人向けに「70センチ身長伸びるシークレットブーツ」開発 : bogusnews
当ブログ関連記事
Googleストリートビュー・ある解決策
馬込カテゴリ

Googleストリートビュー・ある解決策


プライバシー、公共性など色々と議論を巻き起こしているGoogleストリートビューですが、小生からも一つ解決策を提案します。
こうすれば良いんじゃね?
かまいたちストリートビュー
選択肢に気をつけないと目的地にたどり着けません。
「かまいたち」って言うよりも「街」か。
Googleの中の人は自動車でまわったって言うけど、センター街の中は歩いたのかな??

大きな地図で見る
参考
「ストリートビュー」のプライバシー問題、グーグルが方針説明
Google の中の人への手紙 [日本のストリートビューが気持ち悪いと思うワケ] – higuchi.com blog
Google マップ ストリートビューのまとめ

Googleカレンダーでスケジュール管理・完全移行へ。


4月16日の記事の通り、新年度からGoogleカレンダーでスケジュール管理を始めています。
Googleカレンダーでスケジュール管理を始めた。(+携帯)
gcal.gif
仕事もプライベートもすべてGoogleカレンダーに入力。
携帯からの利用もGoogle Calendar Mobile Gatewayでバッチリです。
(Google公式でも携帯対応になったようですが、上記サービスで不満もないので利用していません。ITmedia News:Google Calendarが携帯に対応
唯一懸案となっていたのがイントラとの同期。
会社にはWebベースのグループウェアがあり、社員はそこでスケジュール管理を行い、社員同士でのスケジュール予約もしています。
つまりそこにスケジュールを登録しておかないと、「あいつスケジュールがガラガラじゃね?」と言うことになり、会議やら、打ち合わせやら、瑣末な仕事やらが回ってくることになります。
これまではグループウェアとGoogleカレンダーの二重登録をしていたのですが、このたび会社のスーパーハッカーがグループウェアのスケジュールとGoogleカレンダーを同期するスクリプトをRubyで書いてくださいました。すげー。
以上を持ちまして、小生のスケジュール管理の完全オンライン化が達成されました。
これでまた一歩、甲殻機動隊に近づきます。
と言うわけで、オンラインカレンダーはちっとも「イマイチ」ではありません。
「入力すべき予定がない」ってなにごとだ?
ITmedia Biz.ID:オンラインカレンダーがなぜイマイチなのか
おまけ
地味にすごい、カレンダーの印刷機能。
顧客との打ち合せなど、携帯を使えない場面では印刷して持ち歩くこともできます。
gcal2.gif

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索