IFTTTを使ってTwitterの投稿の一部だけをFacebookに投稿する。


Twitterでだいたい1日1~2回程度つぶやいています。
umakoya(@umakoya)さん | Twitter
以前はTwitterの投稿をそのままFacebookに連携していたのですが、いまいちFacebookの雰囲気にあわないものもあったので、Twitterの投稿を選択してFacebookに反映するようにしました。
その連携に「Selective Tweets」というFacebookアプリを使用しており、Twitterのハッシュタグに#fbをつけたものだけFacebookに反映されるようにしていました。
しかしこのアプリがFacebookの仕様変更に対応できなくなったようで1ヵ月前くらいから動かなくなっていました。
あまり使用している人も少ないのか話題になっておらず、アプリが復旧するような見込みもなさそうです。
開発者のandyさん。すでにこの発言から2週間経つが・・・。

そこで、これを機にウェブサービス同士を連携させることで話題になっていたウェブサービス「IFTTT」を使ってみました。

●IFTTT(イフト)とは(https://ifttt.com/

“IF THIS THEN THAT”の頭文字で「コレやったらアレしてくれ」という自動化サービスです。
IFTTT
これが設定画面。下線部をクリックしてトリガーとなるサービスを選択します。
オシャレなデザインが最新のウェブサービスっぽい。
詳細な解説はこちらがわかりやすいです。
作りながら覚える「IFTTT」レシピの使い方活用講座!(全5回) | hoomey

今回は「Twitterで#fbのハッシュタグがあるツイートはFacebookに投稿してくれ」という命令(IFTTTでは「レシピ」と呼ぶ)を用意します。
自分でいちから作るのが基本ですが、他人が作った公開レシピをそのまま使うのが簡単です。
この目的にぴったり合う定番レシピがこちら。
Send your tweets tagged #fb to Facebook by linden – IFTTT

このレシピを設定してからTwittterで発言すると・・・
Twitter
すぐにFacebookに反映された。
Facebook
ハッシュタグ「#fb」も削除されます。

IFTTTが連携しているアプリやウェブサービスは150以上(主に米国サービスです)。
レシピを工夫すれば色々なことが自動化できます。
Twitterでお気に入りに入れたツイートだけをEvernoteに送ったり、Instagramの写真をDropboxに自動保存したり。
日常生活でも、明日の天気が雨だったらTwitterで知らせろとか、毎月1日に月次タスクをメールで送れとか。
工夫して日常の行為の自動化を検討してみたいと思います。

参考1:家電がネットにつながるようになってくると生活に密接化した自動化がされるようです。
Wi-Fi家電で我が家もプチ電脳住宅 – NetatmoとhueをつなげるIFTTT 日経トレンディネット

参考2:「家の付近に近づくと、YouTubeで検索した橋本環奈ちゃんの動画URLを送信してくれる画期的なハイテクシステム」も作れるようです。
『IFTTT』で俺得なおばかレシピを開発しよう!

Googleモバイルフレンドリーアップデート対策にブログ(WordPress)をスマホ対応した。


先日Googleがモバイル検索結果のアルゴリズムを変更し、スマホ対応(「モバイルフレンドリー」)したサイトの優先順位を上げると発表し4月21日から実施されました。
Google、スマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を発表、4月21日から適用 ++ SEO HACKS公式ブログ

2日前から実施されていますが、今のところ目立った報告は見られません。検索インデックスへの反映は順次のようです。

「インデックス内のすべてのページにこのアップデートが反映されるまで 1 週間程度かかる見込みです。」
Google ウェブマスター向け公式ブログ: 4 月 21 日のモバイル フレンドリー アップデートについてのよくある質問

勘違いしている方も多いのですが、あくまでも「モバイルでの検索結果」であり、スマホで調べたときにスマホで見やすいサイトが上位に来るのは自然な動きだと思います。
一方で、Google担当者も「相当なインパクトはあると思います」と述べているので、検索結果が激変する可能性が高いです。
モバイルフレンドリーについての疑問にGoogleが直接答えてくれた! ~The 13th In-house SEO Meetupレポート – Tokyo Search Professionals

小生が仕事で手がけている案件でも、また当ブログにおいても、流入の半分近くはスマホ(モバイル)なので、この流入が仮に「無くなる」と考えると、その影響は非常に大きいものになります。
画像は当ブログの直近1週間の割合。PCが約60%。
ga-mobile
特にECサイトなど直接の売上に結びつくサービスの場合は売上の半分が無くなると大変な事態でしょう。
※Googleは「検索結果に出なくなるわけではない」と言っているので「無くなる」ことはないと思われます。

通常の静的HTMLで制作したウェブサイトですとスマホ対応は作り直しに等しい作業となりますが、WordPressのようなCMSの場合はプラグイン導入で容易にスマホ対応が可能となります。
(ただし、凝ったことをしようと思うと、やはりデザイン(テーマ)から見直さなければならない)

いくつかプラグインを検討して今回は「WPtouch」を導入しました。
WordPressのスマホ対応を助けるプラグインWPtouch Mobile Plugin | たかなblog

プラグインをインストールすればすぐにスマホ対応が可能です。
ただし無料利用だとデザインの制約があるのとGoogleAdsenseの表示ができません。
正確にはソースコード(/wptouch/themes/bauhaus/default/single.php)に直接書き込めば表示されますが、プラグインがアップデートされるごとに消失するので、そのたびに書き直さなければなりません。

以上でスマホ対応は完了です。当ブログにおけるスマホ対応は3月頃に行いました。
感触として、スマホ対応してからはGoogleAdSenseのクリック率が高くなったような印象があります。たしかにスマホでPCサイト拡大表示して読んでから、そこにある広告バナーをクリックというフローは少なそうだ。

iPhoneの誕生からまだ10年経過していませんが、モバイルファーストの時代がやってきました。いずれウェアラブル端末対応が必須になる時代がくるのでしょうか。

【追加・補足】大震災発生時のインターネット回線危機をさらに調べる。


先週「東日本大震災のときに日米間のインターネット回線が危機だった件を調べてみた。」としてブログ記事をアップしたところ、たくさんのリツイート、はてブ、いいね!を頂きました。
一時的にはてブのトップを飾り焦る。
2015-03-17_18 50
リツイートされるごとに鳴り続けるTwitter通知。これが炎上案件でしたら心が折れていたと思います。

この情報が多くの人に共有された背景としては、やはり東日本大震災におけるインターネット回線の危機が知られておらず、インターネットが世界とつながっているのも物理的な回線とサーバに支えられているからだということが認識されていなかったからだと思います。
#このブログ記事をアップして恐れていたのが「は?有名な話しだろ」「既出」「知ってた」など炎上することでした。

そして今回はこの情報が拡散するにつれ、追加・訂正・補足など多くの情報が集まってきました。さすが集合知のインターネット。それら情報を埋もれさせないよう、今回は追加・補足の記事をまとめたいと思います。

「軍事目的から開発されたインターネット」→俗説

早い段階から誤りを指摘されて、慌ててブログ記事を訂正しました。


インターネットの前身である「ARPANET」は米国の国防総省関連の研究で構築されたネットワークでしたが、軍事目的ではなく純粋な研究目的のネットワークでした。
ただし予算獲得のために「名目上の目的」として軍事が掲げられた可能性はあります。
JPNICサイトにもそのように書かれていました。
JPNIC RFC-JP(はじめに)

一般的に、インターネット技術は、 核爆弾が投下されても通信可能な頑強なコンピュータネットワークを構築することを 目的として研究開発が行われたと言われるが、実際には、これは、 DoD(Department of Defence; 米国国防総省)から研究開発費を獲得するための 名目上の目的であり、実際には、コンピュータサイエンスの技術者達が、 貴重な計算機資源をどこからでも利用可能な環境を構築することを目的として、 研究開発を行ったものであるようだ。

NTTコミュニケーションズだけでないよ。KDDIも頑張ってたよ!

ブログ記事では触れた程度でしたが、日米間のケーブルはKDDIとGoogleが出資した高速回線「Unity」も生き残っていました。
NTTコミュニケーションズの1本とUnityで日米間の通信をさばいていたようです。
また仮に日米間の海底ケーブルが全部切れたとしても米国との通信ができなくなるわけではなく、他国経由の回線で通信できていたと思います。
ただし経由サーバが多くなるため遅延とパケットロスが頻発していたと思います。

JANOGの資料があるぞ

はてブコメントより。
東日本大震災のときのインターネットインフラに関してはJANOGの資料があるぞ- operator のコメント / はてなブックマーク
紹介されたURLはこちら。
JANOG | JANOG28 Meeting 日本のインターネットは本当にロバストだったのか

すみません・・・ウェブに関わる仕事をしておりながら、この組織を知りませんでした・・・。
そしてこのときの資料にNTTコミュニケーションズの資料も含まれていました。
なにより驚いたのは「本当にロバスト(*)だったのか」(*強靭な)と、東日本大震災の通信状況を「さらにロバストにするにはどうするか」と省みて議論をしていることでした。
え?ギリギリでもインターネットはつながってたし、海底ケーブルが断線したことも知られてないくらい表面化してないし、復旧も素早かったんだから大成功だったんじゃないの?
インフラ屋さんは更なる高みを目指しているようです。

ニコ動に連絡が来たのもNTTコミュニケーションズから

「公式設定:某K社ともD社とも関係ありません。」な方が、ニコニコ動画の当時の状況を語ってくれました。
当時、テレビが見れないけどインターネットはつながるという状況に多くの人がいて、NHKの放送がUstreamに流されていました。
(最初は広島の中学生が個人でやっていたのをUstreamとNHKが黙認していて、その後にNHKが公式配信)
#自分も会社でUstreamのNHK放送を見ていました。畑を飲み込んでいく黒い波の映像は意味が理解できなかった。
日米間の直通回線が2本しかない中、動画配信で大量の通信が流れたら回線流量が逼迫します。
NTTコミュニケーションズが直接ニコニコ動画に対してアクションした(らしい)という貴重な証言です。

会社としてディザスタリカバリ計画を立てていた。

ブログ記事で少し誤解を招いたようなのですが、回線が断線したことにより通信経路のルーティング変更をしたのは現場技術者の判断ではなく、会社として「ディザスタリカバリ計画」を持っており、それにのっとって対応したという点にご留意ください。
(ITホワイトボックスの取材でも「あらゆるケースを想定して対応できる」と話していました)
とは言え、回線4本同時断線の想定は机上のシミュレーションだったと思いますし、その計画を遂行するために現場技術者が必死に対応していたのは言うまでもありません。

(オマケ)ITホワイトボックスの録画を見返してみた。

今回のブログ記事を書くにあたり再度録画を見返してみました。
前回ブログでは「NHKらしく企業名が公表されていなかった」と書きましたが、見返してみると・・・。

・インタビューシーン(テレビ画面をスマホ撮影したので低画質ですみません)
ntt1

・拡大
ntt2

このマークは!
header_g_logo
NHKの放送の中にもヒントが隠されていました。

IT技術をわかりやすく説明してくれていたITホワイトボックスの再開を期待しています。技術的な話題を知らない人に簡単に説明する方法の参考にもしていました。
「インターネットの父」と呼ばれる村井純先生がでていたり、森下千里さんが出ていたりと、とても良い番組でした。

ITホワイトボックスVol.1 電子メール編 [DVD]
NHKエンタープライズ (2010-09-24)
売り上げランキング: 134,278

東日本大震災のときに日米間のインターネット回線が危機だった件を調べてみた。


先日、東日本大震災でTwitterが落ちなかったのは現場のエンジニアの判断だったという記事がバズってました。
2011年3月11日、なぜ「Twitter」は落ちなかったのか? 多くの人が知らない、意外な真実。 | TABI LABO

しかし、そもそも日米間をつなぐインターネット回線(海底ケーブル)がほとんど断線しており、生き残った回線に経路を変更して通信をしのいでいたことは、もっと知られても良いのではと思っています。

この事実を知ったのは、NHKの番組「ITホワイトボックス」でした。
●ITホワイトボックス「震災時 私たちはITで何ができるのか?」(2011年8月下旬の放送)
番組サイトがすでに存在していないので見た人の書き込みはこちら↓
ITホワイトボックスの東日本大震災後の話 | ロウタス・ディジタル

日米間をつなぐ5本の海底ケーブルのうち東日本側の4本が断線したため、西日本経由にネットワーク経路を変更したという放送内容でした。
極限状態の中、ネットワーク経路を再設計したISP会社の努力(現場エンジニアの努力)がしのばれます。

ただ当時の放送ではNHKらしく企業名が公表されていなかったので、ちょっとかわいそうですw
(Twitterも「つぶやきサイト」と呼んでて苦心した様子w)

今回、調べてみたところ下記の記事に行き当たりました。
改めて知っておきたい、インターネットの災害対策 – [4]インターネット“神話”の検証:ITpro

その企業はNTTコミュニケーションズのようですね。
地図を見るとわかりますが、日米間の回線は千葉と茨城から3本でておりそれらが断線、三重県志摩からの2本のうち1本が断線、残り1本のみが生き残っていたようです。
記事によるとNTTコミュニケーションズ以外の「Unity」回線も生き残っていたようです。
zu01
(ITproより引用)

他にも調べると当時の通信をtracerouteした人を見つけました。大阪まわりになったことを確認しています。
東日本大震災によって被害を受けた海底ケーブル – yuyarinの日記

戦争でも途切れないネットワークという軍事目的から開発されたインターネットです。
※3/17追記:「軍事目的から開発されたインターネット」は誤りとの指摘をみつけまし。俗説を信じてました・・・。
インターネットは核攻撃を想定して開発されたという誤った俗説 – NAVER まとめ

複数の海底ケーブルが同時に切れるような災害は想定外だったと思いますが、それでもインターネットは使えて、Twitterも使えたのだから、やはり分散型のインターネットの仕組み自体は非常に強いものだと言えそうです。

小生もGoogleマップを見ながら歩いて帰宅して、Twitterで情報収集しつつ友人に交通機関の運行状況を知らせたり、職場の同僚と連絡をとりあったりしていました。
その後のAmazonのオムツ配送にも助けられています(近所の店舗にはオムツがないのにAmazonは普通に配送してきてすごさを実感)。
日米間の回線が全滅していたら、さらに被害が大きくなっていたかもしれません。
※太平洋回線が切れても他の国を経由して米国とは通信できていたと思いますが遅延が大きかったと思われます。

【追記3/24】追加・補足情報あります。

【追加・補足】大震災発生時のインターネット回線危機をさらに調べる。

ブラウザ三国志をやめた件


2010年7月頃よりやっていたブラウザゲーム「ブラウザ三国志」を1月末の次ゲーム開始にあわせてやめることにしました。
4年半ちかくほぼ毎日やっていたことになります。
(参考)
ブラウザ三国志で対人戦争をした。 (2010年8月)

やめた理由は課金でのスキル追加が前提になったことです。
小生は無課金でやっていたのですが、ここ1年くらいで新たに追加されていくスキルが「パッシブスキル」という所有する武将がデッキにいるだけで「全員の攻撃力(防御力)が●倍」になるスキルばかりで、しかもそれらが課金で付与できるようになりました。
つまり、平常能力が数割増しになる状態が課金で購入でき、無課金の能力はインフレ下のごとく価値が目減りしていくようになってしまいました。
また4年半ちかく継続してワールド統合を繰り返していると、ユーザーは重課金、廃課金だらけになり、デッキコストも課金して常時追加していないとカードを使用することもままならない状態となっていました。
サービス運営上、課金者を優遇することは仕方ないことであり、また長女が1歳になり育児で時間を確保することが必要となり、今回のタイミングでやめることにしました。
なお、育て上げた代表的なカードは以下の通り。
呂布飛将LV9+闘将の極意LV8→707%増・攻撃力55万)や護君LV10、LV9でも戦争の最低条件だもんなー。
bura3end
とは言え、まだアカウントを残しカード売却もしていないので、未練が残っているのも事実ですw
ゲームは短時間ながら毎日のログインが必要とされ、実は多くの時間を使っていました。やめたことにより時間の余裕ができ、それにより新しいブログを始めることができた次第です。
「育児で買ったモノたち」
ikuji-banner

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年5月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索