【言葉の】子どもが2歳半になった。【爆発】

先日、子どもが2歳半になりました。
2歳を超えると体力的にも丈夫になってきて保育園を休むことも少なくなりました。
昨年は入院までしたRSウイルスに今年も感染しましたが、40℃超えの高熱を耐え抜き元気に回復しました。

そして知能レベルは、いわゆる「言葉の爆発期」となり、2語、3語どころか、普通の会話ができるようになっています。
【事例】

  • 「くまさーん、いっぱいオモチャあるよー。おいでー。」(ぬいぐるみに呼びかけて)
  • 「いらっしゃいませー、いらっしゃいませー、ご飯でーす」(お店屋さんごっこで)
  • 「えーん、しないよ」(病院に行く前に宣言。「えーん、するよ」バージョンもあり)
  • 「どうしたの?だいじょうぶ?」(小指をぶつけて悶える小生に対して)

約束したことやこちらが言ったことはしっかり覚えているため、忘れるとすぐに指摘しますし、なだめるために「後でオヤツ買ってあげるね」など嘘をつくこともできません。
家では気に入らないことがあると怒ったりしますが、保育園ではいつもニコニコしているようで、すでに空気を読む社会性を身につけています。

子どもができるまでは、1歳児、2歳児、3歳児・・・小学生未満の区別が全くついておらず、一括りで「小さい子」と認識していましたが、2歳と2歳半の6ヶ月でも大きな違いがあるんだなと実感しています。
2歳の子どもにとってみたら、半年は自分の人生の1/4になりますし。
3歳になるとまた全然違うんだろうなと保育園で一クラス上の子を見ています。

以下、Instagramより最近の写真。

オマケ
InstagramでWeb版プロフィールが実装されたようです。
Facebookのタイムラインのようなデザインですが、写真を時系列で流して見ると面白いです。
umakoya on Instagram

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする