M-1グランプリ2007評

毎年恒例のM-1グランプリ2007評。
2004年の感想2005年の感想2006年の感想
今年のM-1はひどかった。
上沼恵美子に光が当たりすぎ・・・じゃなくて、スタジオのレベルが低すぎる。
選考過程は知らないが期待値だけで通過させるのはやめろ。
サンドウィッチマンが敗者復活から優勝したのが、今回の問題点を物語っている。
決勝三組評

  • トータルテンボス:ネタに新しさは無いけどスピード感があってよい。マジ、ハンパねぇ。
  • キングコング:よくがんばりました。(参考:キングコング西野は何故ダメなのか
  • サンドウィッチマン:なんとも華の無い二人組が優勝したもんだ。ノーマーク。ただネタは抜群に面白かった。CのB型。

サンドウィッチマンはブッキラボウで容貌も一般ウケしない。今後のバラエティでやってけるかが試されるところです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする