ロフトワークのセミナーに行った。(5/10)

ウェブディレクションで有名なロフトワークの無料セミナーに5月10日に参加しました。
2ヵ月前で今さら感がありますがそのメモです。
参加したセミナー↓
ユーザーコンテキストに応えるWebライティングの鉄則 開催レポート

小生は出版社のウェブ部門で働いていると言うこともあり、「Webライティング」のノウハウを学べれば良いかなーという軽い気持ちで行ったところ、「コンテンツ戦略」という深いテーマが裏側にあるとても有意義なセミナーでした。

以下、箇条書きメモ。「#」は自分のことば。

●林氏(ロフトワーク)セッション

  • 「BI」(Before Internet)と「AI」(After Internet)。
    #このキーワード使える!
  • BIのコンテンツ戦略はAIとは全く違う発想で捉える必要がある。
    (引用)セッション資料
  • Mapで進み方を見せるのではなく、Compassで方向性を示す。
  • 1年かけて計画(Theory)ではなく、1ヵ月でのリリースと12回の更新(Practice)。

●井上氏(ロフトワーク)セッション

  • ユーザーとの接点を明確化(ヒアリングシート/ターゲットを絞り込む)
  • ユーザーの反応をコンテンツに反映(Facebookの反応/季節・時事ネタ)
  • 垣根のないチーム構築(Facebookの非公開グループで担当者レベルで議論)
    #しかしこれは「コンテンツ制作の受託」という発想では難しいな。「一緒に運営」という形態でないと。

●中野氏(Web Professional編集長)セッション

  • ウェブメディアでの収益モデル類型
    →「広告+イベントモデル」「雑誌+イベントモデル」「書籍販売モデル」
    #当たり前かもしれないけど「ウェブメディア」単独での収益化は難しいのね。
  • ソーシャルの時代では広報・宣伝とは異なる「コーポレートキュレーション」が必要。
  • 情報発信して自社に誘導するという発想ではなく、「話題」に対して自社の情報を「加工」して提供するという発想。
    #炎上してるところに燃料投下するイメージか。
  • 「乗っかるPR」→自社メディアにコンテンツを事前に用意しておき、適宜タイミングを見て投入していく。
  • 用意するコンテンツはいかにもな商品紹介ではなく「普通名詞」的な紹介が良い。
  • ウェブライティングの技法→そんな都合の良いものは無い→それを言うと台無し→一応テクニックはある。
  • 検索エンジンを意識したコンテンツづくり→「Howto動詞のコンテンツ」
    →「エアコン」ではなく「エアコンの取り外し方」でコンテンツを用意。
  • ただしこう言ったテクニックではなく「ニッチ」(くぼみ・ぴったり当てはまる)マーケティングでコンテンツが作られることが重要。

●藤井氏(Axis)セッション

  • Googleの検索結果からアルゴリズムを逆解析。
  • ドメインは古い方が良い都市伝説→本当→ただし「使用されている」必要がある。
  • Googleは更新性などの対ユーザの要素を高く評価する方向に進んでいる。
  • つまりコンテンツが大事になってきた。

以上メモ。
ウェブライティングのテクニックを知れればという気軽な気持ちで行ったら、「ウェブにおけるコンテンツの意味とは?」という深いテーマを考えるきっかけになりました。
とくに出版社でコンテンツが商品であるウチの会社には喫緊のテーマです。

終了後に仕事の相談でロフトワークの方と名刺交換した際に、その方が以前に別の勉強会で一緒になった方だったのにお互い気づいて笑いました。この業界は狭いのかな。
あとロフトワークの代表取締役の林さんはずいぶんと可憐な女性だなと思いました。
クシャナ殿下やハマーン・カーンのように、トップが美しい女性というのは男子の憧れであります。
おしまい。

(参考)
ロフトワークの林さんが書いたこちらの本は、自分の仕事の進め方の大いなる指針となりました。
Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す
Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す

新米ウェブディレクターにすすめたい本5冊

友人が他業界から転職してウェブディレクターになり、参考書籍を教えてくれと依頼があったのでまとめてみます。
なお、小生は業界向け出版社のウェブ部門の人間なので、ウェブディレクターを専門職種とされている方には遠く及びません。
小生の経験にもとづく、友人に向けた私信としてご理解頂けますと幸いです。
あとタイトルは流行りっぽくしてみました。

ノンデザイナーズ・デザインブック

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]
まずはこれを読んでデザインの超基礎を学ぶ。縦線を揃えろ!字体は適当に選ぶな!余白を恐れるな!
絵が描けなくても良いデザインはわかる。すなわち、そこに法則があるのだ!!
ウェブデザインだけでなく、企画書・資料を作るときにも役立ちます。
社会人1、2年目だったか、本屋の書棚でこの本を見つけたときは探していたものが見つかったと身震いしました。
(当時は青い表紙の地味な本だった)

Webプロジェクトマネジメント標準

Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す
色々なウェブディレクションの参考書を読んでは、いまいち自分の実情に合わず、何だか手探りで試行錯誤しては案件を炎上させていたある日。
この本を読んで小生は身震いしました(再)
これこそ、まさにウチの会社の実情にマッチする手法だ!
まずはチャーターを立てろ、スコープを定めよと、システム開発では当たり前のことかもしれませんが、「ウェブ制作」の視点からまとめられたプロジェクトマネジメントの本です。
小生はこれを実践するようになってから、規模感が掴めない新規案件を恐れなくなり、またプロジェクトの炎上も無くなりました。
ディレクターとして数年経験を積んでから読んだ方が納得感があるかもしれません。

2ちゃんねるで学ぶ著作権

2ちゃんねるで学ぶ著作権
なぜこのセレクト?と思われるかもしれませんが、ウェブディレクターにとって著作権の理解は非常に重要です。
(特に小生が出版社のウェブ部門の人間だからかもしれませんが)
別に他の入門書でも良いのですが、身近(?)な2chをもとに楽しく読めます。
そして著作権についての基本が一通り理解できます。「著作権」って言ってもこんな種類があったのか。

ソフトウェア見積り―人月の暗黙知を解き明かす

ソフトウェア見積り―人月の暗黙知を解き明かす

正直この本の9割は理解できていません。数学的な議論をベースにした高度な専門書です。
全部を読み通す必要も無いかもしれません。
ただ、この中の一節が小生の見積に対する考えを変えました。

できるときはいつでも、まず数えよう。数えられないときは、計算しよう。判断だけに頼るのは最後の手段だ。

「開発一式:XX円」ではなく、不確かでも良いから数えられるもの(機能・工数)を積み上げるだけで、見積はより正確なものになります。
また「そんな金額じゃできない」ではなく、

互いの利益になるような代替案を用意する

のがビジネスです。

マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―

マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―
小生は受託案件が中心の業務なのですが、昨年に自社サービスを立ち上げることになり、マーケティング関連の本を読んだ中での1冊です。
受託では顧客の要望を叶えることを重視しますが、新規商品開発には市場の需要、一般ユーザーの視点が重要だと実感した1冊です。マンガよりも解説に読み応えがあります。
(ECサイトやBtoCをやっている人には当たり前のことなんだと思いますが)
●その他
重要だけど上の5冊にいれなかった本です。

・ウェブディレクション全般

ウェブディレクション全般を扱う書籍として下記2冊を挙げておきます。

Webディレクション標準ガイド
Webディレクション標準ガイド プロジェクト始動からサイトの設計・構築まで


ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション
ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション

これらはウェブディレクション業務を概観するのには良いのですが、具体的に何かをしようとするには物足りません。
ウェブディレクターになって最初の1冊には良いと思います。

・コーディング関係

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト

ウェブディレクターであれば自らコーディングをすべきでは無いでしょう。
しかし「正しい」HTMLがあるという認識は重要だと思います。
自分でコーディングの一部も行っていた頃に何度も読んだ本です。
HTML5の時代になった今ではもう古い情報でしょうか。

・サーバ、ネットワーク、ウェブアプリーション関係

DNSの仕組みとか、ドメインの運用とか、OS、サーバ、ミドルウェアの特徴とか、FTP、SSH、SSL、CMS、SQLとか、Cookieとか、セッションとか、キャッシュとか、セキュリティ対策とか、冗長構成とか、、、。
ウェブディレクターが知らなければならない技術は広く浅くたくさんあります。
これらを体系的に学べる一冊・・・ありますかね?
小生は、結局いろんな本やウェブの拾い読みや経験から学ぶしかありませんでした。
遠回りせずにすむなら、そんな一冊ですませたいものです。
下記の記事に良さそうな本がありましたので参考にしてください(小生は未読です)。
今日からソフトウェア開発者になった人に本気で勧める5冊 – ledsunの日記
いちばんやさしいネットワークの本
いちばんやさしいネットワークの本 (技評SE選書)

これだけは知っておきたい Webアプリケーションの常識”
これだけは知っておきたい Webアプリケーションの常識

・最近読んでる本

技術的な背景のない文系ウェブディレクターに求められるスキルは「情報設計」だ!と、最近はIAの勉強中です。
IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術
IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術

以上、漏れや偏りはご容赦ください。
他にオススメなどありましたら教えてください。
後進の教育の前に、こっそり小生が読みます。

2011年に読んだ本(主にマーケティング関係)をまとめる。


年始にあたり昨年2011年に読んだ本を抜粋してまとめ。
自分の興味関心の移り変わりがわかります。
2010年2009年2008年2007年

▼マーケティング関係

2011年4月に新しいサービスを立ち上げることになり慌ててマーケティング関係の情報を集めました。
最初は「マーケティングなんて机上の論理をこねくり回すだけだ」と思っていましたが、市場が成熟してきている現在には必要なスキルだと考えるようになりました。
この1冊ですべてわかる マーケティングの基本
この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

「マーケティングって?」の基本からかわる教科書的な本です。
図解 実戦マーケティング戦略
図解 実戦マーケティング戦略

色々なところで高評価の本。内容は非常に実践的で役に立ちます。
著者独自の方法論が多分に含まれておりマーケティングの基本から外れることもありそうですが、それでも著者が自身の実績と経験から説明しておりとても納得感があります。
会社のデスクに置いておきたい1冊。
戦略フレームワークの思考法
戦略フレームワークの思考法

SWOTやら7Sやら、聞いたことのあるフレムワークをわかりやすく解説。演習をやって実際に活用した気分になれます。
フレームワークは思考のためのツール、コミニュケーションのための道具と割り切っているのが良い。
フレームワークの正しさを求めるのではなく、思考する過程、結果を得ることが大事。
マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―
マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―

ウェブ連載で有名な「Webマーケッター瞳」。書籍は監修者の解説が非常に充実しておりとても参考になりました。ウェブマーケティングの重要性、価値がよく理解できます。ウェブディレクター必読かと。第2シーズンも発売されないかな。

▼ウェブ制作・開発

IA100 ―ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計
IA100 ―ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

色々な案件を扱う中で「情報アーキテクチャ(IA)」の視点を知りたくて読んだ本。
見開き2ページに図解と解説文章というスタイルがわかりやすそうだったが、なぜか散漫な印象に。
第2章の「コンテキスト分析」は、自分自身に欠けていた「分析」の視点を補えて参考になった。
こらからは分析にもとづいた制作や運用をしたいです。
以上が2011年に読んだ本。他にも数冊は読んでいますが、ほとんど本が読めていない。。。
しかもほとんどが2011年前半に読んだもの。
2011年も後半になると子どもの保育園通いが本格化し、体調不良も重なり書籍を読むこともままならず。
活字は読まなくても「進撃の巨人」や「アイアムアヒーロー」などのマンガは読んでましたけど。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)

読書量が減った理由として、子ども対応でまとまった時間がとれなくなったというのもありますが、一方でiPhoneやアプリなどの情報処理ツールが発達して、スキマ時間をTwitter、RSS購読などにあてていることも理由の一つとしてありそうです。
#昔なら通信が不安定な電車の中では文庫本や新書を読んでいたでしょう。
フローの情報処理は捗るようになりましたが、はたしてこれは「知力」にとって良いことなのか。
その解決策になるかわかりませんが、現在Evernoteで読書メモを取る仕組みを整えつつあります。
2012年はもう少し腰を据えて本と向き合っていきたいと思います。

2010年(2年前)に読んだ本をまとめる。


年始にあたり昨年2011年に読んだ本を抜粋してまとめ。
1年ごとにまとめると自分の興味関心の移り変わりがわかります。
2009年2008年2007年
・・・と思ったら2010年が抜けていたので、まずは2010年のまとめから。
ここ1,2年は子どものことで精一杯で読書もままなりません。

●2010年に読んだ本

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)

有史以来、様々な文明がどのように滅んでいったか事例をもとに考察。交易が少ない状況下での環境破壊が原因となるケースが多い。
江戸幕府が、鎖国しながらも森林管理を徹底することで200年以上継続した文明の成功例として挙げられているのが面白い。
歴史では地域レベルで滅亡した文明もグローバル化した現代では地球規模で一気に破滅となるのか。
2010年4月の子どもが生まれる前に腰を据えて読みました。
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

出版業界に関わる者(職種はウェブ系だけど)として読んだ。
・1章:アンビエント(環境・偏在)化する電子書籍。音楽はすでにアンビエント化してすべてが「現在」に属する。
・2章:既刊本の電子ブック化の版権は?プラットフォームビジネス。電子ブックの現状報告としてとても参考になる。
・3章:セルフパブリッシング。1990年代の記号消費の論説はちょっと脱線か?そして360度契約へ。
・4章:日本の出版業界の現状(惨状)
・終章:ソーシャルメディアを通じてコンテキストの中で「本」を作る。電子ブックというメディアにより本そのものの存在が変わる・・・ってちょっと壮大な物語。
借金を返すと儲かるのか?
借金を返すと儲かるのか?

簿記の復習的に読んだ。B/SとP/Lを一体化してブロックの積み上げで理解。
・[資産+100/収益+100]で二つのブロックの高さは同じく高くなる。
・借金を返すと、[資産-100/負債-100]でテトリスのように相殺してブロックの高さは同じく低くなる。
・減価償却の自己金融効果
 →減価償却費が発生するが実際に現金は減らない(資産が減る)
 →単年度で見るとキャッシュフローが良くなる(キャッシュが残る)
 →そもそも最初に一括払いしているので
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

話題にのって読んでしまった。描写の視点が定まらないし文章が稚拙すぎる。
果たしてこの本の言っていることは正しいのか?
原典を読まなければならない気がしてドラッカー本を購入してしまった。
→しかし積ん読。
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

色々とチャレンジしろって書いてあった。2011年にはNHKの特番になってた。

▼出産・育児関連

2010年4月の第一子誕生を控え、色々と出産・育児関係の本を読みました。
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい

お産って自然でなくっちゃね―ある産科医の真実の提言 (健康双書)
お産って自然でなくっちゃね―ある産科医の真実の提言 (健康双書)

わが家は何となくで自然分娩を推し進める産院を選び、色々と関連書籍を読んで情報を集めた次第です。
>>第一子誕生!!(自然分娩/立ち会い)
出産業界の一部に非常に根強い自然志向があることについて驚き、そして少し理解できたように思います。
>>「出産業界」における自然志向について一考。
男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット (中公新書)
男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット (中公新書)

最初は自分が育児休業にチャレンジしようと考えて読みました。
結局は色々な理由で奥さんだけの育休となりましたが・・・。
朝日新聞の下記書評を参考にして購入。
【レビュー・書評】赤ちゃん教育 [著]野崎歓 – 再読 こんな時 こんな本 – BOOK:asahi.com(朝日新聞社)
朝日新聞社には男性で育児休業した記者がいるようで時々記事を書いてます。
よゐこ有野晋哉の父も育つ子育て攻略本
よゐこ有野晋哉の父も育つ子育て攻略本

よゐこ有野も普通のお父さんなんだなとイメージが一変。
以上は2010年に読んだ本のまとめ。
いずれも2010年の前半に読んだものばかりですが、子どもが生後3ヵ月になる7月頃から日常に追われ本を読まなくなりました。
長くなったので2011年のまとめは次の記事で。

ようやく見つけたか?求めていた仕事用ノートカバー。


今月は育児以外のこともブログに書こう月間。
すでに11月下旬になっていますが、育児とは全く関係無い話題を一つ。
小生は仕事ではスケジュール手帳は持ち歩かず、iPhone+さいすけ+Googleカレンダーという運用をしております。
そのため仕事では手帳ではなく、打ち合わせや会議のメモ目的で「A5ノート」を使用しています。
(このA5サイズも色々試してたどり着いたサイズです)
世の中には色々なノート術、手帳術があふれていますが、小生はノートをメモ書き(一時ファイル)として使用しているのでノート自体にはこだわりがありません。
ただ一方で、ペン、名刺(予備)、付箋など持ち歩く小物が多く、これらを一緒に運べる「文房具」を探していました。
ポケット付きのノートカバーを幾種も試しましたが、ポケットが小さい、中身がこぼれ落ちるなどの使い勝手がいまいちでした。
そんな中、ついにたどり着いたのがこの商品です。

レイメイ Nilon ダブルファスナーカラーマルチカバーノート オレンジ A5 CN182D


完全にカバーが閉じるファスナーがついているだけではありますが、これがなかなか無いのです。
ファスナーが閉まれば小物を放り込んでおいても落とす心配がありません。また結構な収納力があります。
小生は↓のように名刺や付箋、年間カレンダー、カード式USBメモリを持ち歩いています。
(ジェットストリームの4色+シャーペンも太いですが、端に寄せると収まります)
IMG_6014.jpg
機能説明は楽天の商品説明もわかりやすい↓
【楽天市場】レイメイ藤井 ダブルファスナーカラーマルチカバーノート A5サイズ CN182:オフィスプラザ【OFFICE PLAZA】
カバーがナイロン製なので革製や高級感を求める人には物足りないかも知れませんが、このデザインはこれで実用性重視の打ち合わせ道具として良いと思っています。
どこにでも持ち歩ける携帯性、軽さも気に入っており、仕事だけでなくプライベートの外出でもバッグに放り込んでいます。
現在、課題としているのはオンラインメモ(dropbox/Evernoteは未使用)との連携です。
手書きノートは一時ファイルとして使っており用が済むと見返すことが無いので、ここに更なる改善の余地がありそうです。
ライフハック(笑)

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年5月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索