【ピアノ】ヱヴァQを観た(ネタバレ無し)【ジェットソン!】


1ヶ月ぶりのブログ更新です。ヱヴァネタです。
先日「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 」を観ました。
ヱヴァ序・破ともにテレビ放送しか観ておりませんでしたが、今回のヱヴァQに限ってはあまりにもレビューが大騒ぎになっており、劇場からは観客が変な顔して出てくるとの噂だったので、とても気になり劇場に見に行きました。

劇場は満席。数日前からネット予約しても良い席がとれず前から数列目に。
(おかげで冒頭のシーンは全体像がわかりにくくて画面に酔ってしまうことに・・・)
公開から1週間以上たっても映画館が満席になるなんて最近ではそうそうあるとは思えず、まさにこの「体験の共有」に、ウェブや仮想でつながる現代の日本におけるビジネスチャンスが隠されているのかもしれません。

閑話休題。

映画終劇。

見終わったあとの感想としては「これ、どうすんだよwww」

ヱヴァ序・破は、王道のSFアクション、爽快感、少し謎めいているけど直線的ストーリーと、エヴァのリメイクとして評価されていましたが、今回のヱヴァQはまさに旧エヴァ直撃世代の小生には懐かしき既視感。
見終わった後に解説サイトやレビューサイトを読みあさって情報収集し、コマの片隅にまで意味を求める。
これこそがエヴァ本来の力でした。
すでに映画を見終わって2週間ちかく経過していますが、いまだにヱヴァQの解説サイトを探してはその内容に納得し、別の考察を見つけては深読みに感心したりしています。
そんな深読みファンが多いから、はてなもこんなアプリを出したのでしょう。
B!KUMA Q – ネットで話題のヱヴァ関連情報をまとめてチェック!

今まで同じ映画を劇場で複数回見たことはありませんでしたが、ヱヴァQはもう一度見に行きたいと思っています。

その他、オマケ情報
首都大学東京システムデザイン学部航空宇宙システム工学コース・宇宙システム研究室 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q_冒頭6分38秒_宇宙考証の解説
→専門家により冒頭シーンは宇宙工学的に正しいことが検証されました。

・映画の冒頭シーン(テレビ放映版)

→劇場で観た人には物足りないです。その理由はもちろんBGM。

・エヴァQ アスカ&マリの成層圏外作戦。一方その頃パリ上空では。

→あの曲って「ふしぎの海のナディア」(未見)なんですね。他にも複数のオマージュがあったようです。

【これは凄い】「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 スレ住人の考察が面白い!
→小生もこの考察に賛成です。旧エヴァとの関連説も興味深い。

のび太の人類補完計画 ‐ ニコニコ動画:Q
→「もしも、僕がエヴァンゲリオンのパイロットだったら・・・」のび太のそんな一言が・・・。
劇場版ドラえもんの位置づけです。新たな解釈が加えられた「Q」は必見。

7月の生活雑記


梅雨が明け7月ももう月末に。最近の生活雑記まとめ。
●蒲田餃子を食べる
蒲田近辺に会社同僚が多く住んでいることが判明し「蒲田方面会」なるものを発足。
蒲田餃子で有名なニイハオに言ってきました。
イ尓好 (ニーハオ) 蒲田本店・別館 – 大井、蒲田/餃子・中華料理一般 – livedoor グルメ
20090710567.jpg
写真が有名な羽根つき餃子。
店内はゴチャゴチャしていて蒸し暑くて中国の地元の料理店という感じです。
うまいうまいと餃子皿が次々飛び交う。
たくさん飲み食いしても安さ爆発な蒲田クオリティでした。
(参考)@nifty:デイリーポータルZ:東京で美味しい餃子を食べ歩き
●レオナール・フジタ展
行きたい美術展・2009年初夏」としてあげていた「オナール・フジタ展」を終了間際に鑑賞。
20090719582.jpg
絵画点数が多くまた縁の品も数多く展示するなど、期待以上に内容の濃い美術展でした。とても良かった。
フジタ展の前に時間があったので横浜美術館で柳宗理展を見る。
20090719581.jpg
片手鍋を先日購入し使いやすさを実感しています。
柳宗理 ステンレス・アルミ3層鋼 片手鍋
柳宗理 ステンレス・アルミ3層鋼 片手鍋 18cm つや消し

展示では柳宗理の仕事の幅広さがわかりました(地下鉄駅の背もたれや野毛山動物園の看板!など)。
でも展示が少なすぎるし見せ方もつまらない。
柳宗理は触ってなんぼだろ。もっと工夫して欲しいところ。
美術展の後は横浜駅から少し歩くホテルでバイキングレストラン。
ぐるなび – 横浜国際ホテル バイキングレストラン オーク
野菜料理を中心に食べ放題です。ひさびさに吐きそうになるほど食べた。
●第3使徒 カラス襲来。
会社オフィスの窓に、なぜかカラスが数日にわたり襲来。
カァカァ鳴いてます。
20090721584.jpg
●IDCへサーバ構築
20090716577.jpg
仕事でメインに使用しているサーバ群を某巨大IDCに再構築。
技術的な部分は協力会社さんにお任せしました。DELLで安価に揃えた。
あのIDCにいれば大災害があっても生き延びられるな。
●カープで広島風お好み焼き
神田の有名店で広島風お好み焼き。
カープ – お好み焼き(神田) [食べログ]
20090724.jpg
20090001.jpg
この季節に鉄板カウンターは少々暑いけど、ビール片手にガシガシ食べました。
広島風のお好み焼きを正式に食したのは初めてかもしれない。
うまい!
以上、7月の雑記です。
明日から2日間夏休みで台湾に行ってきます。
亜熱帯気候だってことを忘れてました。

行きたい美術展・2009年初夏


このサイトの名称が有名無実になりつつあるので、たまには行きたい美術展情報をアップ。
まだ梅雨ですが、初夏にかけて行きたいところと言うことで。
■奇想の王国 だまし絵展
奇想の王国 だまし絵展
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/09_damashie/

期間:2009年6月13日(土)-8月16日(日)
時間:10:00-19:00(入館は18:30まで)/毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
場所:渋谷・Bunkamura
値段:1,400円
Bunkamuraはタイミングを間違えると混雑するので注意。
トリックアートとはまた違うのだろう。
マグリットが見たいなー。
■よみがえる幻の壁画たち レオナール・フジタ展
よみがえる幻の壁画たち レオナール・フジタ展
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/09/0612_fujita/

期間:2009年6月12日(金)-7月21日(火)
時間:午前10時~午後8時
場所:横浜そごう6階
値段:1,200円
昨冬開催の上野の森には行けなかったので横浜に向かうしかない。
フジタの奥さんが「最近」亡くなったことに驚いた。
悼む:画家の藤田嗣治の妻・藤田君代さん=4月2日死去・98歳 – 毎日jp(毎日新聞)
朝日新聞の記事では遺族の著作権問題では先駆者(?)だったようで。
■GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト
http://www.gundam30th.net/event/real-g.html
http://www.gundam30th.net/event/real-g.html

実施期間(予定):2009年7月11日(土)~8月31日(月)
実施場所:潮風公園(東京都品川区東八潮一・二番)内 太陽の広場
ウワサの実物大ガンダム。
表向きはガンダム30周年記念だが、北朝鮮の核ミサイルに対する抑止力として建造されたらしい。
なぜ「緑あふれる都市東京の再生」と「2016年のオリンピック」がガンダムなのかは不明だが、予算がついて建造されれば何でも良い。
以上3展。
最近こちら方面から足が遠のいていたことを反省。

幻の棟方志功の壁画を見る(桐生)


正月は二日目から奥さんの実家、群馬県は桐生に行ってきました。
20090103478.jpg
群馬のヒーロ超速戦士 G-FIVEが長崎屋を飾る!
三日目に桐生市内にある「芭蕉」という洋食屋?へ。
芭蕉 ばしょう – 洋食、インドカレー、カレーライス(桐生)[食べログ]
20090103488.jpg
20090103485.jpg
洋食屋なのに店は古民家と言った風情。そして飾られる民芸品。
一風どころか、かなり風変わりな店です。知らなきゃ絶対素通り。
実は昨年秋に、この店の壁に描かれていた棟方志功(Wikipedia)の壁画が公開されました。
棟方志功の壁画が“復活” 桐生市で50年ぶり – mediajam
前の店主がその絵を気に入らなかったので漆喰で埋めていたとか・・・・・・・・・・・・。
その50年ぶりに日の目を見た壁画がこちら。
20090103479.jpg
壁一面、躍動感に溢れ描かれています。
50年を漆喰の裏で経た色合いが店の雰囲気に馴染んでいるようでありながら、絵のモチーフが更なるカオス感を店内に与えています。
※携帯による撮影のため色調がいまいちです。ご了承ください。
正面から。
20090103481.jpg
接近。
20090103482.jpg
「馬」と前店主を怒らせた「天女」。
棟方志功のサイン。
20090103483.jpg
数年前にもこの店を訪れていますが、その時はただの砂壁があるだけ。
こんな大作が壁の向こうで眠っていたとは恐ろしい。
今後は桐生市の目玉スポットに加わることでしょう。
なお、この店のテーマは「馬小屋」とのこと。
20090103484.jpg
何やら縁を感じる次第。
参考
その他の行った人のブログ
12月13日桐生市を行く(レストラン芭蕉「棟方志功」の壁画) – 日帰り温泉とグルメ – Yahoo!ブログ
alpshima: 桐生・『芭蕉』 棟方志功 幻の壁画現る。 

「菌類のふしぎ」に行って、もやしもんにかもされた。


先週の3連休に上野の国立科学博物館で催されている「菌類のふしぎ」展に行ってきました。
なんだか久しぶりの館巡りです。
特別展:菌類のふしぎ-きのことカビと仲間たち
TBS | 菌類のふしぎ | トップページ

小生の積年の疑問である「キノコって何で食べられるの?旨いの?」という謎は、果たして解明されるのか!!
(植物類は種子を動物に運んでもらうために美味しくなったという説があるが、胞子繁殖である菌類は旨くなる必然性がない)
展示テーマはタイトル通り「きのことカビと仲間たち」で、そこを全面的にもやしもんが協力、オリゼー達が会場をかもしております。
20081122461.jpg
20081122454.jpg
もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1)
もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1)

(もやしもんはもちろん全巻所有。途中でマンネリ、中だるみ感があったけど、また面白くなってきた)
会場は大混雑。最初のキノコの標本展示は圧巻ですが、列に並ぶのが面倒でさっと眺めるだけにしました。
もやしもんに登場した菌たちが解説。
20081122450.jpg
そして作者の石川先生直筆の落書きがあちこちにあります。
20081122452.jpg 20081122458.jpg
20081122460.jpg 20081122462.jpg
菌はそこいらにいるのです。
展示は一般向けで、もやしもん効果もあって気楽に見られるものです。
菌の臭いを嗅ごうコーナーがあり、マツタケ、トリュフに混じってカビもありました。
押入れの奥の方の臭いがしました。
20081122457.jpg
オマケ1
博物館出口の近くに「愛・地球博」で展示されていた全球型シアターがあります。
全球型映像施設「シアター360」 国立科学博物館
これが穴場的に面白い。空を飛ぶ映像(CG)の浮遊感、スピード感がすごい!!
ぜひお立ち寄りください。
オマケ2
日なたで丸くなるネコ。
20081122448.jpg
オマケ3
ギャラリーフェイクのフジタさんの展覧会も始まったようだ。
これは行かねば。
レオナール・フジタ展スペシャルサイト ―藤田嗣治 幻の群像大作 日本初公開―
参考
S.K式*:菌類のふしぎ展@上野国立科学博物館
落書き写真がいっぱい。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索