iPhone7にBluetoothイヤフォンを買った。



3回目のiPhone7ネタ。
・前々回:3年使用したiPhone5sをiPhone7へ機種変更
・前回:iPhone7を購入して10日でバキバキに割った、ケース購入した。

iPhone7からイヤフォンジャックが無くなりました。当座はアダプターでも良いかなと思っていましたが愛用していたイヤフォンが突然断線。
家電製品にありがちな法則である「買替タイミングで故障」ケースとなり(もしくは「故障で買い替えようと思ったら直った」)、これを機にBluetoothイヤフォンを購入することにしました。

このような身体に身につけるものは実物を見ないと失敗します。
そしてビックカメラの店頭で悩みました。
意外とネック型が主流のようですが、わざわざコードレスにするのに、かさばるものを買ってもしょうがありません。
音の違い…わからない。古い規格だと動画で音飛びするとの説明も受けました。
実際にその場で試聴しても…よくわからない。店員に聞いてもよくわからない。
1時間ほど悩んだ末、ブランドを信じてオーディオテクニカ製品を選択。
audio-technica SoundPhone カナル型イヤホン ワイヤレス ブラック ATH-BT12 BK
audio-technica SoundPhone カナル型イヤホン ワイヤレス ブラック ATH-BT12 BK

耳につけるとゴツいです。形状から少しサイバー感があります。
これで聴き慣れた音楽を聴くと…なんか音が軽い?平板な気がする?ベースが強調されてて、きつく感じる?

しばらく使っていまいちな感じがして、勢いでAmazonで高評価だった2千円ほどのイヤフォンを再度購入。
TaoTronics Bluetooth 4.1ステレオイヤホン、マグネティックヘッドホン、 イヤーバッド イヤーフック付け、内蔵式マイク ワイヤレス イヤホン TT-BH07
TaoTronics Bluetooth 4.1ステレオイヤホン、マグネティックヘッドホン、 イヤーバッド イヤーフック付け、内蔵式マイク ワイヤレス イヤホン TT-BH07

こちらは全ての音が素直にまっすぐ聴こえて聞きやすい。
比較するとオーディオテクニカは音の調整をしてる感じが強いです。

それでは、どちらが良かったかというと、
結論→好みや音楽のジャンルによる
オーディオの世界は感性の世界ですね。
しかし両者の価格差が気になって正常な判断ができないかも。

Bluetoothイヤフォンを使ってみて感じた不便さはバッテリー残量がわかりにくい点(iPhone本体で残量が見れるが正確性が低い)。
突如バッテリー切れで音楽が聴けなくなるのは寂しいものです。さっきまで残り30%あったじゃん。
むしろ残量にかかわらず毎日充電する習慣にするべき製品なのかもしれません。

また物理的にコードがつながっていないため、スマホ本体のスピーカーから音が出ているんじゃないかとすごい不安になります。
あとは耳から外して首に掛けている状態だと、スマホ本体にコードでつながっていないため落として紛失する危険性が高いです。
(後から買ったTaoTronics製品は左右のイヤホン部分が磁石でくっついて輪っかになるので首から落ちにくくなる工夫がある)

それにしてもコードの絡まりの不満が一切解消されたたのは素晴らしいことです。音楽を聴く前にコードをほどく30秒間は無駄な時間でした。1日30秒。1年で180分。ウォークマンができてから数十年。人類は年間3時間も無為で非生産的な時間を過ごしていたのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索