2006年正月を振り返る

日本中のブログが日常に戻り始め、小生も明日からケの日々に戻ります。
本日はハレの日々の締めとして、この2006年(正月)を振り返りたいと思います。
おそらく世界で一番早く2006年を振り返ったブログではないかと自負しております。
■よく寝た。
よく寝ました。体調も回復。お肌の調子も良くなりました。毎日7時間半の睡眠は欲しいなぁ。
■4日連続でブログを更新した。
目標だったわけではなく結果的にそうなった。
■部屋掃除
部屋の掃除をして本棚の整理もした。
古本(漫画)を30冊ほど売りに行ったら3,000円になった。
本棚にバッファが生まれた。
部屋がキレイになると思考もクリアになった気がする。
■通信費整理
昨年末から手続きをしていましたがこの正月で作業完了。
携帯電話の契約プラン変更、AirH”解約、プロバイダーの契約プラン変更。
これで月額数千円の節約になるはず。
■テレビ、DVDを見た。
「大奥」小池栄子コワイ。「新選組!!」ついに完結。感無量!「攻殻機動隊」は11巻まで進む。
■本を読んだ。
心理パラドクス―錯覚から論理を学ぶ101問
心理パラドクス―錯覚から論理を学ぶ101問
購入は1年前。ようやく読み終えたのは長編だからでなく、読み流せる本ではなかったため。
「囚人のジレンマ」など有名なパラドクスを解説。
一夫多妻制は男女どちらが得か?のパラドクスは面白かった。(正解はコメント欄)
内側から見た富士通「成果主義」の崩壊
内側から見た富士通「成果主義」の崩壊
ウハwwwワロスwwwwww。会社の1年後を見ているようだ。
■できなかったこと。
ガンプラを作れなかった。
・ギターを練習できなかった。
ソーシャルブックマークの導入に踏み切れなかった。(これって便利?)
今年も正月らしくない、予定のない日曜日といった休暇でした。
それでも気になっていた雑用をほとんど片付けられたので、明日からは新しい心持で動けそうです。
それでは今年1年も当サイトを御贔屓の程、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

コメント

  1. 馬小屋 より:

    一夫多妻制は男女どちらが得か?
    「うはwwwwww俺モテモテ!」と考える男性が一般的でしょうが、実際は「有力」(色々な意味で)な男性に女性が集まってしまうことになります。
    もこみち、響鬼、ホリエモンと男性の選択の幅が広がる(非力な男性を選ばない)女性の方が有利な制度となります。