WordPressアップデートでWPtouch更新したらWP Super Cacheと衝突した。


WordPressをアップデートした際にプラグインもアップデートしたら「WPtouch」「WP Super Cache」が衝突したのでメモ。
(こう言ったメモを残しておかないと記憶を失った数年後の自分が同じ過ちを繰り返す)

当ブログでは2年前のGoogleモバイルフレンドリー対応でスマホ対応ができるプラグイン「WPtouch」を導入しています。
Googleモバイルフレンドリーアップデート対策にブログ(WordPress)をスマホ対応した。(2015年4月24日)
閲覧するユーザーの端末がスマホだった場合に動的に表示を変更するプラグインです。

またWordpressの表示高速化のためにキャッシュプラグイン「WP Super Cache」を導入しています。
(いろいろ試しましたが複数のキャッシュプラグインをいれると、その相互作用で動作不良が多く「WP Super Cache」1本でやってます)

さて先日Wordpressのアップデートとあわせて両プラグインもアップデートしたところスマホ表示されなくなり管理画面に警告メッセージがでました。
“Configuring cache plugins for Wptouch”とのこと。

情報を探すと以下の記事に突きあたりました。
WPtouch の更新で WP Super Cache の設定変更が必要

(抜粋)
・「プラグイン」タブの下のほうの「WPTouch」の有効
・「詳細」タブの「除外するユーザーエージェント」の追加(追加する内容はWPtouchのヘルプに記載あり)
・「コンテンツ」タブの「期限切れキャッシュを削除」と「キャッシュを削除」

WP Super Cacheは動的なデータを静的ファイルとしてキャッシュしてレスポンスすることでWordPressの表示を速めていますが、ユーザの端末がスマホだった際に動的に表示するWPTouchの相性が悪いんですね。
そろそろテンプレートを使ってレスポンシブ化を考えてもよいのかもな。
(独自デザインをレスポンシブ化する気力は無い)

3年使用したiPhone5sをiPhone7へ機種変更


iOSをバージョンアップするごとに、だんだんiPhoneの動作がもっさりしてきて、Pokemon GOを30分ほどするだけでバッテリーが不足してモバイルバッテリーを持ち歩くようになり、限界を迎えていた3年前に購入したiPhone5s。
↓3年前のツイート。

iPhone6sを見送ったので3年も使うことに。
きわめつけは手が滑って落として端がえぐれる。

これを決定打としてiPhone7に機種変更しました。
iphone7
iphone7ura

色はゴールド。32GBから一つ上の容量って128GBなのか。64GBを用意してくれ。
悪評高いイヤフォンジャックアダプター。Bluetoothイヤホンを検討。
カバーは使わない主義。保護フィルムは店頭ですすめられたゴリラガラス。
ELECOM iPhone 6s/6 液晶保護ガラスフィルム ゴリラガラス 浮きにくい [3D touch 最高硬度9H 極薄0.2mm ラウンドエッジ加工 飛散防止設計] PM-A15FLGGGO
液晶保護ガラスフィルム ゴリラガラス

iPhone3GS→iPhone4s→iPhone5sときたものの、iPhone6sには手を出さずにひとっ飛びのiPhone7のため、戸惑うことが多数ありました。
ビックカメラで対応してくれた店員さんが同じくiPhone5s→iPhone7 ユーザーだったため、色々なTipsを教えてくれて助かった。

以下、1週間経過してのメモです。
続きを読む

自社の周年サイトの立ち上げでAWSを使用したメモ。


4ヵ月ぶりのブログ更新です。ここ1~2ヵ月は、仕事で複数ウェブサイトの案件が詰まっており、体調を崩して風邪を3週間ほどこじらせています。久しぶりに扁桃腺スパークもしました。

そのうちの1つの案件として自社の周年サイトの立ち上げを行いました。
身バレしてしまいますが下記サイトとなります。
法研 創立70周年特設サイト

私自身がウェブディレクターのような立ち位置なので実際のデザインやコーディングは他社さんに発注しています。
ただ、サーバ環境については後学のためにAWS(Amazon Web Services)で構築しました。
アマゾン ウェブ サービス(AWS) - クラウドコンピューティングサービス

実際のお客様案件ではサーバ運用は専門会社さんに委託するわけですが、自分自身で使っていないとサービス内容や感覚がわからないので自社サイトで試験運用してみた次第です。
以下、その時のメモとなります。
続きを読む

WordPressで管理画面にログインできない→予約投稿できない→キャッシュプラグインが原因


先日WordPressのアップデートをかけたところ、

更新の必要はありません
この WordPress のデータベースはすでに最新のものです

と表示されるだけで管理画面にログインできなくなりました。

調べるとキャッシュ系のプラグインが原因のようです。
アップデートでエラー「このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」 | WordPressのアフィリエイトで稼ぐ人生を始める-サトシ
このWordPressのデータベースはすでに最新のものですと表示されログインできなくなった場合の対処法 – SEOのホワイトハットジャパン

当サイトの場合は「WP File Cache」が原因のようで、
SSHで直接“/wp-content/plugins/wp-file-cache/”にある“cache”ディレクトリを削除(リネーム)したところ、無事に管理画面にログインできるようになりました。
念のためログイン後に管理画面からプラグイン「WP File Cache」を削除しました。

めでたし、めでたし・・・と思いきや、今度は「予約投稿」が機能していません。
指定時間が来ても投稿されず。
これも色々と調べるとやはりキャッシュプラグインの影響のようです。
WordPress予約投稿に失敗する原因はwp-content/object-cache.phpだった

「WP File Cache」を削除した際に何らかの理由で
“/wp-content/object-cache.php”が残ってしまったのが原因のよう。
object-cache.phpを削除・・・するのは恐いので、リネームすると無事に予約投稿が作動!

キャッシュ系のプラグインは予期せぬ不具合の原因になるようなので複数導入しない方が良いようです。
小生もこちらを読んで「WP Super Cache」のみとしました。
WordPressの「キャッシュプラグイン」に関するプロフェッショナルな方々のTwitter話が為になりすぎる

しかしWordPress固有の、アクセスするたびに一瞬レスポンスが返ってこない現象は解消しないな-(プログラムが動作するタイムラグなんだろうけど)。
最近はレンタルサーバ側でWordPress高速化をうたっているものが多いです。
生活に直結するブロガーやアフィリエイターに需要がありそうです。

Surface 3にIIJmio(BIC SIM)を導入した→快適に使える。


先日に発売されたSurface 3

普通のWindowsOSが入ったタブレット(「2in1」と呼ぶようです)で、キーボード入力が可能な端末が欲しかった小生の物欲に突き刺さり初日に購入しました。

もはやノートPCで良いのかもしれませんが、画面タッチとキーボードを併用してWindowsを操作する感覚は新鮮で快適です。
もっとも購入当初は慣れないWindows 8に苦戦しつつ諸設定をしたのですが・・・。
今回はSurface 3の売りであるLTE SIMを設定した手順をまとめます。

Surface 3は「ワイモバイル(ソフトバンク)に最適化」とされており、他の通信会社の回線(NTTdocomo、au)は非推奨です(通信バンドの一部が対応していないため速度がでない場合がある)。
しかしワイモバイルは強気の価格設定をしており、Surface 3自体も高いのに、さらに月額コストをかけることは難しいです・・・。

そこで今回導入したのはNTTdocomo回線のMVNOであるIIJmioOEMであるBIC SIM。横文字がいっぱい。
ビックカメラの店頭でSIMが購入でき、費用面も月額900円でデータ量3GBと大変お得です(ちなみにワイモバイルは月額980円でデータ量1GBで、かつ2年縛りでかつ超過時は自動加算というキツイ契約内容)。

あとは実用に耐える回線速度や安定性であるかどうか・・・。
以下、Surface 3への導入手順です。
続きを読む

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索