新しいブログ「育児で買ったモノたち」を始めました。


以前よりあたためていた企画で新しいブログを始めました。
「育児で買ったモノたち」
ikuji-banner

4歳の長男と0歳の長女の育児で買った「モノ」を軸にしてつづっていこうと思っています。
長男が生まれての初めての育児は、今までの生活では全く必要の無かった「モノ」存在すら知らなかった「モノ」を購入することになり、購入の判断基準を持っていない中で、ゼロから情報収集を行うのは面倒で手間のかかることでした。
PCやIT系のいわゆるガジェット類は、これまで自分が見てきた商品との比較検討が可能ですが、育児関連の商品はそのような知識の下地が無いため、その都度、Amazonのレビューを見たり、使っている人の評判をブログ検索したりしていました。

今回のブログの企図としては、育児を始める人、育児真っ最中の人に、とある人が育児で使ったモノとして一連の情報を提供できればと考えています。
もっと便利なモノ、もっと優れたモノがあるかもしれませんが、あくまでも小生の主観としての紹介です。
情報化がどんどん高度になるにつれ、このような主観の情報提供が重要性をもってきているのではないかと考えています。

裏テーマとしては、アフィリエイトサイトってどんなもんなのか、試してみたかったというところです。
仕事でウェブサイト構築はしますがコーポレートサイトが多く、直接利益を得るためのサイトの分析や運営経験があまり無かったので。

で、始めて1週間ほど経過し、育児関連商品ってアフィリエイトには向かないなと実感しています。
アフィリエイトで利益を得ようとするならば、第一にテーマ選択が重要ですね。
もちろん更新も大事です。Google様の覚えが良いように1日1回以上の更新を目標にしています。
はたしてネタが続くんだろうか・・・。

【デジカメ→iPhone→Google+フォト連携】写真データ管理の現状(2015年版)

旅行先や記念日にデジカメで撮った写真、iPhoneで撮った日常の何気ない写真。
日々たまっていく写真データの整理は永遠の課題です。
ある時点では最適解だった管理手法も、技術の進歩や新しいサービスの利用(終了)により変化し続けていきます。

小生の場合、これまではデジカメのデータをPCに保存しているだけでした(PCのデータは外付ハードディスクにコピーしてバックアップ)。
しかし帰宅してPCを起動してデジカメをケーブルで接続するのが面倒というシンプルな理由で、デジカメにデータを残しっぱなしになっており、あとで見返す、人に見せるなどの活用ができていませんでした。
さらにこの状況はカメラのメモリからデータが消失する大きなリスクを抱えていました。
同様にiPhoneで撮影した写真も特にバックアップなどせず購入時からそのまま残しており、データ消失のリスクに加えてiPhoneのメモリが足りなくなる状況となっていました。

【抱えている課題】

●デジカメの写真データをPCに保存するのが面倒
・PC未保存のデータがカメラのメモリから消失するリスク
・見返すなどの活用できていない
・親、友人への写真共有ができていない

●iPhoneの写真データが3GSを購入した2009年当時から残っている
・iPhone本体のメモリが足りなくなる(写真と動画で13GB)
・データ消失のリスク

上記の課題解決のために、昨年より新しいソリューションとして、
「デジカメ→iPhone→Google+フォト連携」
というICT運用をローンチし、現状それがうまく回ってWin-Winの関係にあるため、情報共有のためにもその方法をまとめたいと思います。

続きを読む

iPad Airを買って古いiPadを子供用にした。


昨年末(2013年12月)にiPad Airを購入し快適に使用しています。
その速さ、快適さは、タブレットというモノの存在を意識させること無く、機能そのものを触っている感じです。
ウェブを使う道具として完成度が極まっており、これ以上のブレイクスルーがあるのか、人ごとながらAppleさんが心配になります。

そしてiPad AirのRetinaディスプレイに慣れた目には、今まで使用してたiPad22011年5月購入)の液晶ドットが粗く見えてしまいます。今後も自分で使うことはなさそうなので3歳半の子供に譲ることにしました。

当初はiPad2は買い取りに回して、子供向けに専用アプリや機能が充実した「tap me (タップミー)」のようなタブレットを買おうとも考えましたが、色々と調べるとiPadのカスタマイズだけで子供用途に変更することは可能でした。
本格子供向けタブレット tap me (タップミー)
タブレット for キッズ tapme (レッド)

以下、設定にあたって参考にしたサイトです。
我が家のあまったiPadを子供に持たせる時の手順と、使い方の紹介!(昼刊) – たのしいiPhone! AppBank

主に機能制限を徹底的に行いインストールしたアプリしか使えないようにします。
2014031403
(App内での購入を許可してますが、子供用アプリはちょっとだけ無料で、ちゃんと遊ぶにはアプリ内課金というものが結構多いので一時的に許可しています)

もう1点重要なのはパスコードロックタイマーです。
子供にタブレットを与えるとひたすら遊び続けます(大人だってダラダラとブラウジングすることはあるでしょう)。
そこで勝手にiPadを使わないようパスコードでロックをかけ、また子供に渡す際はタイマーをセットして時間が来ると自動的にロックするようにします。
あまり知られていないですが、iOSはタイマー終了時の動作として音では無く「再生停止」を選ぶとロック画面になります。
2014031404
セットした時間がくると突然ロック画面になりますが、子供は素直に「もう終わりだって!」と止めてくれます。
(前述の子供用タブレットは、このようなタイマー機能が充実しているのが売りの一つでした)

現在のホーム画面は以下の通り。パズルや文字学習のゲームを中心に遊んでいます。
2014031402
お気に入りはバスタブにアヒルが浮かぶSmartTub for iPhone / iPad
季節に合わせて、いろいろなアヒルが出てきて楽しいです。

ただ、どのアプリにしてもすぐに飽きます
しかし唯一飽きずに長く見ていられるのがYouTubeです。
文字が読めない幼児にとって映像の魅力は強烈でした。

YouTubeの操作はすでに慣れたもの。直感的なアフォーダンスに優れているのでしょうか。
再生・一時停止のマークは認識しており、スワイプで画面の縮小も可能。
文字は読めませんが映像冒頭に流れる「CMスキップ」をタップします。
そして画面に並ぶ関連動画を探索し、タイマーで終了するまで見続けます。

特に子供の評価が高いのはレオンチャンネルです。
レオンチャンネル – YouTube

みなさん、ご存知でしょうか?
戦隊モノや仮面ライダーのオモチャを紹介することで子供達に絶大な人気を誇るYouTubeチャンネルです。
たしかにレオンさんの説明、プレゼンはとても上手であり、つい聞き入ってしまいます。
(その資金力といい、何者なんでしょうか?)

子供がiPadで遊んでるあいだは、親としても家事をする時間が確保でき非常に楽なのですが、ここまでタブレットをやらせて良いものなのか悩みどころです。
ポジティブに考えれば、字が読める前から「キーワード検索」「関連する事象でリンク」などの、デジタルネイティブとしての素質を学習しているとも言えなくは無いですが・・・。
子育てに正解は無いのでしょうが、今もまさにこのように過ごしています。
20140314

Google AdSenseの広告配信が停止された。


このブログでは「Amazonアソシエイト」と「Google AdSense」の広告を掲載しておりサーバ費用の足しとしています。
Amazonアソシエイトは商品リンクから購入された売上の数%が、Google AdSenseはバナー広告のクリックに応じた収入となります。
二つあわせても小学生のお小遣いに満たない金額ですので、世の中のブロガーさん達がどのように生活しているのか謎です。

Google AdSenseはブログに書かれた「キーワード」にマッチした広告が表示されるため、そのブログの記事内容について非常に厳しいポリシーを掲げております。
そして当ブログもそのポリシーに引っ掛かってしまい2月中旬に突然Googleよりメールが届きました。

お客様のウェブサイトに AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないサイトがあり、その結果、そのウェブサイトへの広告配信が停止されていることをお知らせいたします。
(以下略)

メールには広告配信が停止された理由と該当URL例が記載されていますので、内容を改善して申し立てすれば広告配信は再開されます。
小生はもちろんGoogle様に逆らうことはできないため、粛々とブログ記事を改変し再開の申し立てを致しました。

そして数日後メールが届きます。

慎重に確認しましたが、お客様のサイトで引き続き違反行為が行なわれているため、現在のところ、お客様のサイトへの広告配信を再度有効にすることはできません。

そう、掲載されたURLはあくまでも「例」であるため、他に違反している箇所が無いかブログ全体を見直す必要があるのです。
細々とですが2004年8月から9年間ブログをやっており、記事数は700ほどあります。
この中からポリシーに抵触している記述を探せというのか・・・。

その後に該当すると思われる記事を削除して2回ほど申し立てをしましたが、ことごとく却下。
仕事が年度末に入り忙しくなったため、小学生のお小遣いを気にしている余裕はなく、そのまま放置しました。

そして数ヵ月が経過して8月末。
ふと「あの記事が問題では?」と思いつき、その記事を削除して再申請しました。

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、ありがとうございます。umakoya.com を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしました。

晴れて広告配信が再開されました。

まさかあの記事だったのか・・・という内容なのですが詳細は割愛させて頂きます。
何か書くとまたポリシーに触れそうだ。

Google AdSenseの広告配信停止は話しには聞いていましたが、ある日突然やってきます。そして再開にはブログ全体に問題が無いか見直さなければならない。
もちろん広告が再開されるまでは収入ゼロです。
広告収入で生活されているブロガーのみなさんは、何気なく記事を書いているようで、実は慎重に記事内容を取捨選択しているのかもしれません。
自由なはずのブロガーが、実は広告主に縛られるとは皮肉なものです。

まぁ、広告収入を考えなければ良いのでしょうが、貧乏性のため何か機会損失しているように感じてしまい、小学生のお小遣いをありがたく頂戴している次第です。

(参考)
Google AdSense広告をいきなり停止されまして | No Second Life
(このかたの流れがまさに小生と同じ。途中で対応がイヤになって放置しますw)

iPS細胞の研究に寄付したよ。


先日ノーベル医学・生理学賞を取得した山中教授が所長を務めるiPS細胞研究所に寄付をしました。
山中教授、ノーベル賞受賞!応援ありがとうございます! – JustGiving Japan
このJustGiving Japanってサイトは面白いですね。
寄付金が続々と集まっているという報道も流れています。
山中教授へ受賞後に寄付金437万円! 止まらぬ善意 – 政治・社会 – ZAKZAK
もちろん難病への有効な治療法が生み出されることが第一ですが、さらには日本の未来を支える技術・財産になることを願っています。

なお、この寄付金について昨年から大幅に税制が変わったことはあまり知られていません。
ざっくり計算ですが寄付金の40%が所得税の控除対象となり、税額控除を使うと寄付金の50%が年末調整で還付されます(もちろん支払った税金の範囲内です)。
乱暴な言い方になりますが、自分が共感できるNPO団体などに寄付をすることで、その団体へ税金の配分をさせてしまうと言うことになります。
自分の意思のもとに税金の用途を決められるので、国や自治体を経由すると何に使われてるかわからないやという人にはオススメな制度だと思います。
活用が進むと税収が少なくなりNGO団体が活発になるので、だからこそあまり広報されていないのかもしれませんw
これは民主党の最大の成果だとも言われています。
それでも民主党革命は終わらない ── 改正NPO法と寄付税額控除の導入が日本を変える! (News Spiral)

インターネットの普及で気軽に寄付ができるようになり(クレジットカードで寄付ができちゃいます)、直接のお金のやりとりで社会が支えられるってのも面白いな。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年5月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索