「出産業界」における自然志向について一考。


先日、助産師が乳児にビタミンKを投与せず、それに起因したと思われる出血により死亡、母親が助産師を訴える事件がありました(刑事事件ではなく民事訴訟)。
ビタミンK不投与で乳児死亡…母親が助産師提訴 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
出産・乳児のプロであるはずの助産師が関わりながら、なぜこのような事件が起きるのか。
小生も子供が生まれる前であれば不思議に思っていたと思いますが、4月に子供が生まれて、その状況というのが少し理解できます。
小生は奥さんの実家から近いという理由で「自然分娩」を推し進める産院を選びました。
第一子誕生!!(自然分娩/立ち会い)
そもそも「自然分娩」とは何なのかわからなかったので関連書籍を色々と読み、そして「出産業界」の一部に非常に強い自然志向があることに気づきました。

科学的なものは一切排除。
出産は神秘的で素晴らしいものだから人間が介入すべきではない。

これまでの医学主導による計画出産の反動なのかもしれません。
そしてこの自然志向と「ホメオパシー」(代替医療)の親和性が非常に高いようです(ホメオパシー – Wikipedia)。
小生が選んだ産院は自然志向と医学のバランスがとれていた素晴らしい産院だと思います。
(分娩台は使わないが継続したモニター監視。医療機器も常備。常に数人体制で対応など)
しかし、そのような産院でも「母乳のよく出るハーブティー」が出されていました。
これに科学的な薬効があるかどうかはわかりません。
しかし妊娠中から、出産、母乳育児までサポートし続けてくれた、全面的に信頼する助産師さんが勧めるものです。
これを非科学的な代替医療だとして切り捨てることができるでしょうか。
もちろん今回の事件は、医学的に必須であるビタミンKすらも化学物質として投与せず、そのことを母親に隠していた助産師にあきらかな非があるでしょう。
しかし、このような危険な代替医療に引っ掛かったのは母親が無知だからで私の場合は大丈夫、と片付けるのは少し単純なのではと思う次第です。
(参考)
助産師と代替医療 – 火薬と鋼
(助産師と代替医療が結びついた背景について)

会社用にクロックスのサンダルを買った。


これからの季節、社内で革靴を履いたままでいると、蒸れにより足の健康にも、また革靴自体にもよくありません。
そこで社内で履き替える用にクロックスのサンダルを買ってみました。
[クロックス] crocs prepair slide
[クロックス] crocs prepair slide 10382-067-250 black/silver (ブラック/シルバー/M9/W11)

クロックスと言うとつま先が覆われているタイプを思い浮かべますが、このような普通のサンダルもあるようです。
このサンダルはクロックス ジャパン 公式サイト | prepair(プリペアー)によれば、スポーツ選手が競技後に履いて筋肉疲労を抑える機能をうたっていますが、小生は単純にデザイン性と履きやすさで選びました。
Amazonで注文して自宅に届いたので試しに家の中で履いていると、室内履きとしても心地良いことに気づきました。
(家の中でスリッパを履く習慣は無かったのですが)
そこで自宅用にもう少し安いクロックスサンダルを購入しました。
こちらの商品はAmazonに無かったの楽天で購入。
【楽天市場】【smtb-m】【返品無料対応】crocs【クロックス】 ABF Slide Pro / ABFスライドプロ:clustic-R
前者の「prepair slide」は靴底に厚みがあり少しゴツイ感じがしますので職場で履くのに合っているかもしれません。
なお小生の場合は素足で履いて動き回ってたら足の甲の部分がバンドにすれて痛みがありました(靴下を履いてれば問題ないです)。
後者の「ABF Slide Pro」はマジックテープで甲高が調節でき、シンプルなデザインなので室内を素足で履くのにぴったりです。
以上スーツな働き方をしている人はご参考にしてください。
なお、そもそも論としてスーツサンダルダサイという意見は無視します。

ブラウザ三国志を始めました。


いまウェブ業界で注目を浴びているジャンルであるブラウザゲーム。
その中でも人気の高い「ブラウザ三国志」を始めてみました。
http://sangoku.bg-time.jp/
きっかけは下記の2つの記事。
1つ目はブラウザ三国志の開発会社がカンファレンスで発表したスライド資料です。
OSC 2010 北海道の発表で使用したスライド資料「PHPで大規模ブラウザゲームを開発してわかったこと」 | ke-tai.org
その資料にPHPとJavascriptオンリーで開発されているとあり、どんな仕組みなのか興味が湧きました。
2つ目の記事は切込隊長による半分ネタの下記の記事。
ブラウザゲームが投資的にも注目を浴びているようです。
ソーシャルゲームとブラウザゲーム界隈でバブル発生中: 切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man’s Blog
そして会員登録して始めたのが6月30日。まだ1週間も経っていませんが、結構ハマっています。
仕組みとしては内政をして領土を拡大してというシミュレーションゲームです。
色々な制限により1日にできることが限られているので、入り浸りどっぷりハマることがありません。
ただしゲーム内で使用できるポイントを現金購入すると、レアカードを入手できたり、ゲームを効率的に行えたりします。
大人買いでゲームをする例↓↓↓
かわんご回顧録 ドワクエ戦記その1
小生は今のところお金をかけずに細々と進めています。
青いのが我が領土。緑は同盟陣営です。
map.gif
こちらはまだ育っていない中でも頼りにしている武将たち。
card.gif
ゲームは奥が深く、まだまだ理解できていないルールもあるのですが、それでも初心者がつまずかずに進められるのはとても良いゲームバランスなんだと思います。
#しかしサーバオープン直後から始めている人とは2ヵ月近い差があり圧倒的な戦力差が・・・。
興味のある方は上記「ブラゲタイム」の第7ステージでumakoyaをお探しください。
mixiアプリもあるみたいだから、そっちもやってみようかな。
(参考)
小生が参考にしているwikiサイト。
ブラウザ三国志 @ ウィキ – トップページ
ブラウザ三国志 Wiki @mixi

日本ユニセフ協会に個人情報削除依頼をした。


先日、「日本ユニセフ協会」から寄付依頼のダイレクトメールが届きました。
IMG_0521.jpg
普段であればこのようなDMやポスティング広告はあまり気にしないのですが、今は引っ越ししたばかりで転送状態の郵便物の取扱に注意しています。
(あとアグネス・チャンのTwitterでの論争でユニセフの名前が記憶に新しかったのでw)
宛先には小生の住所(引越前)が記載され、中には「ユニセフ」からのメッセージと、「日本ユニセフ協会」からの寄付の振込依頼があります。
同封された振込用紙およびラベルシール(複数枚)にも小生の住所氏名がしっかりと記載されています。
(「ユニセフ」と「日本ユニセフ協会」の関係はこちら。日本ユニセフ協会 – Wikipedia
寄付はしたい人がすれば良いのだし(小生も青少年時代はボーイスカウトで赤い羽根募金をボランティアでやってましたw)、また寄付金の20%が協会の活動経費として使われるのも事業として行われる以上はやむを得ないと思います。
しかし小生は日本ユニセフ協会に住所情報を渡した記憶がありません(もちろん寄付したこともない)。
今回の日本ユニセフ協会のDM送付は個人情報の目的外利用にあたらないのでしょうか?
いや、仮に名簿業者から購入していたとしたら、その名簿を流出させた方が問題なのであって購入側に問題は無いのか・・・?
(仕事でウェブサイト運営をしているとわんさか個人情報を扱うので個人情報保護法には少々詳しくなりました)
個人情報の入手経路やその問題性を追求するのは面倒なので、日本ユニセフ協会には小生の個人情報の削除を依頼することにしました。
個人情報を取り扱う事業者は個人情報の照会に対応し、削除にも応じる義務があります。
DMに記載されたフリーダイヤルに電話すると、DMの趣旨説明の自動音声応答のあとに男性オペレータにつながりました。
そこで個人情報を提供した覚えがない旨を説明して割とスムーズに削除依頼ができました。
(入手経路を追求するなどゴネることなくw)
それにしても、このようなグレーな情報でDMを送付することは、個人情報保護が浸透した昨今では珍しいのではないでしょうか。
営利企業でない財団法人だからコンプライアンスの意識が低いのか・・・?
役員名簿を見ればそうそうたる面子が顔をそろえているのに。
日本ユニセフ協会・ユニセフについて > 日本ユニセフ協会 役員名簿
(参考)
日本ユニセフ協会・ダイレクトメールについての詳しいご質問
(日本ユニセフ協会ウェブサイトにあるページ。「電話帳および各種の地図」にも小生の情報は掲載していないはず)

Dropbox始めました。(+iPhone)


「クラウド・オフィス」だ、「ノマド・スタイル」だ、と騒がしい昨今、ついに小生も噂のDropboxを始めました。
Dropboxとは自分のローカルPCとウェブ上のストレージを自動的に同期する仕組みです。
Dropboxで設定したフォルダにファイルを保存すれば、それがウェブ上のストレージに自動的に転送され、さらに別のPCにもDropboxを設定しておくと、そこも同期されます。
使用PCや場所を問わずいつでも同じデータを利用できるので、クラウドやノマド(遊牧民)と呼ばれる働き方に必要不可欠とされています。
早速、アカウントを作成しました。
すでに利用しているユーザーから招待されると容量が+250MB追加されます。
3.png
(また、用意されたミッションをクリアしても+250MB追加です)
さてDropboxの活用方法ですが、仕事の全ファイルをバックアップするには容量2GBでは足りません。
またよく考えると、小生は会社に拘束されその時間の対価を給料でもらう働き方をしているので、あまり仕事の情報を自宅で参照するようなことがありません。
活用方法を悩んだ末、下記のようなフォルダ構成を試すことにしました。
dropbox1.png
「temp」・・・一時ファイル。ちょっと仮置きしたいファイルなどを保存。
「保存」・・・永続的に保存しておくファイル。バックアップとして。
「201006」・・・YYYYMMという命名規則で当月に必要なデータはその中に放り込む。
「仕事」や「私用」で分けるのは、小生の活用方法にそぐわないかなと考えました。
もちろんこのフォルダ構成はウェブ上でも再現されます。
Dropbox2.png
なおDropboxはiPhoneアプリ(GoodReaderなど)でも利用できます。
IMG_0518.jpg
出先の地図をPDF保存したり、移動中に資料をチェックしたり。
iPhoneでファイルを持ち出せるのはとても便利です。
小生の場合はこの使い方がメインになるかな?
(参考)Dropboxについてはこの連載記事がとても参考になります。
【連載】『Dropbox』のおさらい | ネット | マイコミジャーナル

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索