人類がいま手にすることができる最高の道具、そうそれがiPhone4S。


CMみたいなあおり文句ですが、昨年末にiPhone3GSからiPhone4Sに乗り換えました。
473643370.jpg
iPhone3GSでもiOS5を使えるから機能的な差はないとか、3GSの裏側の丸みが良いんだよとか、もうすぐiPhone5でるしwww、なんて言い訳をしていましたが買ってみたら全然違いました。
機能的な差ではなく思考したままにサクサク動く体感が、まさに「道具」としてのフィット感につながっています。
カメラの性能も遙かに向上しており、暗いところでも色調の乱れなく撮れ、ブレも少ない。なんかキレイ!
#上のiPhone4Sの写真は3GSで撮影。暗かったのでFireworksで明るさをかなり変更した。
#↓は子どもがボールプールで遊ぶ写真。サイズだけ調整して色はいじっていない。発色が良い気がする。
12-01-04-11 30-41.jpg
CMで流れていたように、写真を撮ってその場で画像トリミングなんてやるわけ無いと思っていたけど、動作は直観的でとても快適です。
そんな小生が主に活用しているアプリは下記の通り。
3GSの頃は色々といれて遊んでいましたが、「道具」となった今や使用アプリは厳選され、ほぼ2画面で済んでいます。その中でも一軍選手はこちら。
IMG_1260.png
さいすけ
→googleカレンダーと連携するスケジュール管理ソフト。
PlainText – Dropbox text editing
→Dropboxと連携するテキストエディタ。標準メモ張の代替。テキストエディタとしてiPhone、iPad、PCでのテキスト編集が可能。文字コードがUTF-8のみなのでPCでDropboxにファイルつくってiPhoneで開くと泣ける。
GoTasks (Google Tasks™ client)
→Google Tasksと連携するタスク管理ツール。シンプルなTodo管理が良い。主に買い物や雑事メモに。仕事のタスク管理はしない。
Reeder
→Google Readerと連携するRSSリーダー。とてもキレイで読みやすい。フィードをサクサク処理できる。
Instapaper
→色々とあとで読むためのアプリ。RSSリーダーとの連携も良い。時々、改行が再現されずに行が詰まることがあるのが難。
TwitBird free for Twitter
→色々試したけど、TL、検索、リストが一気に更新されるのはこれぐらいなのかな。重いのが難。
GoodReader for iPhone
→Dropboxと連携させたり、ファイルを閲覧したり、などなど。
支出管理
→小遣い管理にピッタリ。レビューはこちら>>iPhoneアプリの支出管理がとても良い
ロケタッチ
→出かけたときとかタッチすると何となく楽しい。Twitterと連携させている。
駅すぱあと
→路線検索は色々あるけど老舗は強い。使いやすくてわかりやすい。
食べログ
→出先で美味しい店を探すのに便利。折角だからチェーン店以外に入りたいよね。
今年に入ってEvernoteを使い始めているけど、それは2面にしています。
iPhoneでスキャンをしたり活用していますが、その紹介はまたの機会に。
これら1軍選手について「アプリ」が変わることはあっても、道具としての「機能」(スケジュール管理、Todo管理)が入れ替わることは無いだろうな。
オマケ
iPhone4Sとあわせて下記も購入。
OverLay Brilliant for iPhone 4S / 4 高光沢液晶保護シートOBIPOHN4
OverLay Brilliant for iPhone 4S / 4 高光沢液晶保護シートOBIPOHN4

iPhone4Sの画面の精細さを感じるならグレア(光沢)シートが良いです。
カバーやケースはつけません。iPhoneの道具としての完成度が落ちるでしょ。
Agloves Sports New(アグロブ・スポーツタイプ) iPhone・スマートフォン対応手袋 (男女兼用)
Agloves Sports New(アグロブ・スポーツタイプ) iPhone・スマートフォン対応手袋 (男女兼用)

この時期は外でiPhoneをいじるのに必須。感度も良好で問題なしです。
(この前に安物を買いましたがいまいちでした)

2011年に読んだ本(主にマーケティング関係)をまとめる。


年始にあたり昨年2011年に読んだ本を抜粋してまとめ。
自分の興味関心の移り変わりがわかります。
2010年2009年2008年2007年

▼マーケティング関係

2011年4月に新しいサービスを立ち上げることになり慌ててマーケティング関係の情報を集めました。
最初は「マーケティングなんて机上の論理をこねくり回すだけだ」と思っていましたが、市場が成熟してきている現在には必要なスキルだと考えるようになりました。
この1冊ですべてわかる マーケティングの基本
この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

「マーケティングって?」の基本からかわる教科書的な本です。
図解 実戦マーケティング戦略
図解 実戦マーケティング戦略

色々なところで高評価の本。内容は非常に実践的で役に立ちます。
著者独自の方法論が多分に含まれておりマーケティングの基本から外れることもありそうですが、それでも著者が自身の実績と経験から説明しておりとても納得感があります。
会社のデスクに置いておきたい1冊。
戦略フレームワークの思考法
戦略フレームワークの思考法

SWOTやら7Sやら、聞いたことのあるフレムワークをわかりやすく解説。演習をやって実際に活用した気分になれます。
フレームワークは思考のためのツール、コミニュケーションのための道具と割り切っているのが良い。
フレームワークの正しさを求めるのではなく、思考する過程、結果を得ることが大事。
マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―
マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―

ウェブ連載で有名な「Webマーケッター瞳」。書籍は監修者の解説が非常に充実しておりとても参考になりました。ウェブマーケティングの重要性、価値がよく理解できます。ウェブディレクター必読かと。第2シーズンも発売されないかな。

▼ウェブ制作・開発

IA100 ―ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計
IA100 ―ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

色々な案件を扱う中で「情報アーキテクチャ(IA)」の視点を知りたくて読んだ本。
見開き2ページに図解と解説文章というスタイルがわかりやすそうだったが、なぜか散漫な印象に。
第2章の「コンテキスト分析」は、自分自身に欠けていた「分析」の視点を補えて参考になった。
こらからは分析にもとづいた制作や運用をしたいです。
以上が2011年に読んだ本。他にも数冊は読んでいますが、ほとんど本が読めていない。。。
しかもほとんどが2011年前半に読んだもの。
2011年も後半になると子どもの保育園通いが本格化し、体調不良も重なり書籍を読むこともままならず。
活字は読まなくても「進撃の巨人」や「アイアムアヒーロー」などのマンガは読んでましたけど。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)

読書量が減った理由として、子ども対応でまとまった時間がとれなくなったというのもありますが、一方でiPhoneやアプリなどの情報処理ツールが発達して、スキマ時間をTwitter、RSS購読などにあてていることも理由の一つとしてありそうです。
#昔なら通信が不安定な電車の中では文庫本や新書を読んでいたでしょう。
フローの情報処理は捗るようになりましたが、はたしてこれは「知力」にとって良いことなのか。
その解決策になるかわかりませんが、現在Evernoteで読書メモを取る仕組みを整えつつあります。
2012年はもう少し腰を据えて本と向き合っていきたいと思います。

2010年(2年前)に読んだ本をまとめる。


年始にあたり昨年2011年に読んだ本を抜粋してまとめ。
1年ごとにまとめると自分の興味関心の移り変わりがわかります。
2009年2008年2007年
・・・と思ったら2010年が抜けていたので、まずは2010年のまとめから。
ここ1,2年は子どものことで精一杯で読書もままなりません。

●2010年に読んだ本

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (下)

有史以来、様々な文明がどのように滅んでいったか事例をもとに考察。交易が少ない状況下での環境破壊が原因となるケースが多い。
江戸幕府が、鎖国しながらも森林管理を徹底することで200年以上継続した文明の成功例として挙げられているのが面白い。
歴史では地域レベルで滅亡した文明もグローバル化した現代では地球規模で一気に破滅となるのか。
2010年4月の子どもが生まれる前に腰を据えて読みました。
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

出版業界に関わる者(職種はウェブ系だけど)として読んだ。
・1章:アンビエント(環境・偏在)化する電子書籍。音楽はすでにアンビエント化してすべてが「現在」に属する。
・2章:既刊本の電子ブック化の版権は?プラットフォームビジネス。電子ブックの現状報告としてとても参考になる。
・3章:セルフパブリッシング。1990年代の記号消費の論説はちょっと脱線か?そして360度契約へ。
・4章:日本の出版業界の現状(惨状)
・終章:ソーシャルメディアを通じてコンテキストの中で「本」を作る。電子ブックというメディアにより本そのものの存在が変わる・・・ってちょっと壮大な物語。
借金を返すと儲かるのか?
借金を返すと儲かるのか?

簿記の復習的に読んだ。B/SとP/Lを一体化してブロックの積み上げで理解。
・[資産+100/収益+100]で二つのブロックの高さは同じく高くなる。
・借金を返すと、[資産-100/負債-100]でテトリスのように相殺してブロックの高さは同じく低くなる。
・減価償却の自己金融効果
 →減価償却費が発生するが実際に現金は減らない(資産が減る)
 →単年度で見るとキャッシュフローが良くなる(キャッシュが残る)
 →そもそも最初に一括払いしているので
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

話題にのって読んでしまった。描写の視点が定まらないし文章が稚拙すぎる。
果たしてこの本の言っていることは正しいのか?
原典を読まなければならない気がしてドラッカー本を購入してしまった。
→しかし積ん読。
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

色々とチャレンジしろって書いてあった。2011年にはNHKの特番になってた。

▼出産・育児関連

2010年4月の第一子誕生を控え、色々と出産・育児関係の本を読みました。
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい

お産って自然でなくっちゃね―ある産科医の真実の提言 (健康双書)
お産って自然でなくっちゃね―ある産科医の真実の提言 (健康双書)

わが家は何となくで自然分娩を推し進める産院を選び、色々と関連書籍を読んで情報を集めた次第です。
>>第一子誕生!!(自然分娩/立ち会い)
出産業界の一部に非常に根強い自然志向があることについて驚き、そして少し理解できたように思います。
>>「出産業界」における自然志向について一考。
男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット (中公新書)
男性の育児休業―社員のニーズ、会社のメリット (中公新書)

最初は自分が育児休業にチャレンジしようと考えて読みました。
結局は色々な理由で奥さんだけの育休となりましたが・・・。
朝日新聞の下記書評を参考にして購入。
【レビュー・書評】赤ちゃん教育 [著]野崎歓 – 再読 こんな時 こんな本 – BOOK:asahi.com(朝日新聞社)
朝日新聞社には男性で育児休業した記者がいるようで時々記事を書いてます。
よゐこ有野晋哉の父も育つ子育て攻略本
よゐこ有野晋哉の父も育つ子育て攻略本

よゐこ有野も普通のお父さんなんだなとイメージが一変。
以上は2010年に読んだ本のまとめ。
いずれも2010年の前半に読んだものばかりですが、子どもが生後3ヵ月になる7月頃から日常に追われ本を読まなくなりました。
長くなったので2011年のまとめは次の記事で。

2011年を省みて2012年を計る。


2012年最初のブログ更新となります。本年もどうぞよろしくお願いします。
このブログで新年を迎えるのも8回目となりました。
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年
今回の年末年始はかつて無い体調不良に見舞われました。
仕事納めの12月28日夜に激しい胃のムカツキと吐き気、下痢に襲われ、夜通し朦朧としながらベッドの中でうずくまったり、トイレへ向かったり。
翌日は丸一日寝込み、翌々日以降も気持ち悪さと胃もたれが継続して食事がほとんどとれず。
結局、年末年始の予定は全て白紙となりました。
奥さんも同タイミングで同じ症状となったので食中毒を疑いましたが、症状が激しく長期的だったのでロタウイルスなどの風邪だったのかもしれません。
1月5日現在でも平常時の7割程度しか食べられず・・・。
そんな激動の2011年を締めくくる年末年始でしたが、気持ちを新たに2012年の目標を掲げたいと思います。
まずは2011年を振り返ります。

■2011年を省みる

●大震災
これまでの人生観や価値観は大きく揺さぶられました。
震災直後1週間の暗い地下鉄の絶望感、焦燥感は記憶に刻まれています。
しかしながら、これほどの激甚災害でも「日本」は崩壊しませんでした。
この現代日本という「仕組み」は「リセットしない」という事実。
今の日本を生きていくしかないという覚悟につながっていきます。
●共働きでの育児
そんな大上段での決意とは無関係に1歳児の育児は目の前の課題でした。
毎朝30分早く家を出て保育園に子どもを送り届け、夜は夜泣きで寝不足になり、子どもの病気や自身の体調不良に苦しみながら、保育園1年目を必死に乗り切りました。
まだ数語しかしゃべれないけどもこちらの言葉は理解し、指さしで自分の意思をはっきり示し、見よう見まねで手伝いをしたり、そんな確かな子どもの成長がとても嬉しく思えます。

■2012年を計る

そして今年1年もやっぱり子どもが中心の1年になると思います。
それでも少しずつ子どもに手がかからなくなってきたように感じており、今年はちょっと自分にも時間を割いていこうと考えています。
以下、2012年の目標。
●ジョギングを再開したい。
→運動不足による体力の衰え。腹筋が無くなった。スーツがキツイ。下腹が膨らむ。ヤバイ。
●Evernoteを使ってみる。
→仕事もプライベートもクラウドを使ったノート術を試行してみる。
●WordPressでアフィリエイトサイトを作ってみる。
→仕事では提案したり活用しているCMSも自分でイジったことが無い。
→WordPressを使ってゼロからサイト構築をする。
→はたしてアフィリエイトサイトは時間と労力に見合うものか試してみる。
●健康第一
→健康であることが最優先!!!24時前の就寝を目指す。
もはやブログの時代では無いと言われつつありますが、定期的に文章をまとめることが大事なことだと考えています。
本年も細々と更新するであろう当ブログをよろしくお願い申し上げます。

水ぼうそうの予防接種を受けた。


子どもじゃなくて小生が予防接種を受けた件です。
12月の上旬に、子どもが水ぼうそうにかかりました。
水ぼうそう・水疱瘡・水痘 – gooベビー
保育園で流行っていたので感染したようです。
幸い子どもは予防接種済だったので症状は非常に軽く、ちょっと肌にポツポツある程度。
しかし感染力が強力な病気のため、保育園はもちろん外出も控えました。
そしてその強力な感染力は家庭内ではほぼ100%感染とのこと。
免疫を持っていない大人に感染すると帯状疱疹を併発するなどの重い症状となるようです。
・・・はたして小生は水ぼうそうの免疫を持っているのか?
子どもの頃に予防接種を受けたのか、すでに罹ったことがあるのか、親に聞いてもいまいち判然とせず。
感染者と接触して72時間以内であれば緊急予防接種が有効とのことで、念のため予防接種を受けることにしました。
72時間のリミットを考え、職場から近い場所で予防接種が可能な場所を探しました。
以下、探した手順。
Google先生で探した近くの診療所に電話する。
   ↓
在庫がないので翌日以降と言われる。
   ↓
他数件にあたっても同じ回答。
   ↓
最後に電話した診療所で、そういうことは保健所へと言われる。
   ↓
地域を管轄する保健所に電話したところ、予防接種可能な診療所を数ヵ所教えてくれる。
   ↓
保健所すげー!と思って教わった診療所に電話したところ、やはり在庫が無いとのこと。
   ↓
最後に電話した診療所が、近くに予防接種専門の機関があると教えてくれる。
   ↓
一縷の望みをかけて電話すると、あっけなく「できますよー」と返事。
   ↓
その機関がこちら。
日本検疫衛生協会
2011120602.jpg
東京八重洲口の目の前のビル内。
場所柄か海外渡航者向けの予防接種を中心に行なっているようです。
(黄熱病とかマラリアもできる)
費用は保険適用外の7,500円。ちょっと高めかも知れません。
こんな予防接種証明書ももらいました。
20111206.jpg
東京駅周辺で急に予防接種を受けたくなった方にはオススメします。
そう言えばインフルエンザの予防接種もまだ受けていないな。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索