新しいブログ「育児で買ったモノたち」を始めました。


以前よりあたためていた企画で新しいブログを始めました。
「育児で買ったモノたち」
ikuji-banner

4歳の長男と0歳の長女の育児で買った「モノ」を軸にしてつづっていこうと思っています。
長男が生まれての初めての育児は、今までの生活では全く必要の無かった「モノ」存在すら知らなかった「モノ」を購入することになり、購入の判断基準を持っていない中で、ゼロから情報収集を行うのは面倒で手間のかかることでした。
PCやIT系のいわゆるガジェット類は、これまで自分が見てきた商品との比較検討が可能ですが、育児関連の商品はそのような知識の下地が無いため、その都度、Amazonのレビューを見たり、使っている人の評判をブログ検索したりしていました。

今回のブログの企図としては、育児を始める人、育児真っ最中の人に、とある人が育児で使ったモノとして一連の情報を提供できればと考えています。
もっと便利なモノ、もっと優れたモノがあるかもしれませんが、あくまでも小生の主観としての紹介です。
情報化がどんどん高度になるにつれ、このような主観の情報提供が重要性をもってきているのではないかと考えています。

裏テーマとしては、アフィリエイトサイトってどんなもんなのか、試してみたかったというところです。
仕事でウェブサイト構築はしますがコーポレートサイトが多く、直接利益を得るためのサイトの分析や運営経験があまり無かったので。

で、始めて1週間ほど経過し、育児関連商品ってアフィリエイトには向かないなと実感しています。
アフィリエイトで利益を得ようとするならば、第一にテーマ選択が重要ですね。
もちろん更新も大事です。Google様の覚えが良いように1日1回以上の更新を目標にしています。
はたしてネタが続くんだろうか・・・。

【デジカメ→iPhone→Google+フォト連携】写真データ管理の現状(2015年版)

旅行先や記念日にデジカメで撮った写真、iPhoneで撮った日常の何気ない写真。
日々たまっていく写真データの整理は永遠の課題です。
ある時点では最適解だった管理手法も、技術の進歩や新しいサービスの利用(終了)により変化し続けていきます。

小生の場合、これまではデジカメのデータをPCに保存しているだけでした(PCのデータは外付ハードディスクにコピーしてバックアップ)。
しかし帰宅してPCを起動してデジカメをケーブルで接続するのが面倒というシンプルな理由で、デジカメにデータを残しっぱなしになっており、あとで見返す、人に見せるなどの活用ができていませんでした。
さらにこの状況はカメラのメモリからデータが消失する大きなリスクを抱えていました。
同様にiPhoneで撮影した写真も特にバックアップなどせず購入時からそのまま残しており、データ消失のリスクに加えてiPhoneのメモリが足りなくなる状況となっていました。

【抱えている課題】

●デジカメの写真データをPCに保存するのが面倒
・PC未保存のデータがカメラのメモリから消失するリスク
・見返すなどの活用できていない
・親、友人への写真共有ができていない

●iPhoneの写真データが3GSを購入した2009年当時から残っている
・iPhone本体のメモリが足りなくなる(写真と動画で13GB)
・データ消失のリスク

上記の課題解決のために、昨年より新しいソリューションとして、
「デジカメ→iPhone→Google+フォト連携」
というICT運用をローンチし、現状それがうまく回ってWin-Winの関係にあるため、情報共有のためにもその方法をまとめたいと思います。

続きを読む

2014年を省みて2015年を計る。


2015年も1ヵ月が過ぎました。2015年初めてのブログ更新となります。
このブログを続けて11年目となりました。
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年

1年の始まりにあたり2014年に掲げた目標の達成状況を振り返ります。
些細な目標の振り返りであっても、毎年続けることで何かが起きると思って10年以上経過しました。

■2014年の目標を省みる
●家内安全
→結果:△一部を除いてできた。
2014年5月22日に第二子となる長女が生まれました。
予定日を1週間以上も前倒しにして、しかも入院から2時間半というハイペースでの誕生でした(早すぎて立ち会いできず)。
母子ともに健康であり、4歳の長男も妹をとても可愛がっています。
家族全員、健康に1年間を過ごすことができました。
小生の骨折を除いては・・・後述。

●(仕事)契約・知財管理
→結果:○できた。
2014年の1年間、顧問弁護士に相談しながら担当業務の契約書を整理しました。
2013年に取得した「ビジネス実務法務検定3級」の知識はほとんど役に立ちませんでしたが、実務に直結する良い勉強ができました。
また契約書を整理する過程で、業務範囲・責任範囲が明確になり、「ミス・障害・失敗は大問題」「顧客の指示は絶対」のような、漠とした不安やプレッシャーを抱えて仕事をすることがなくなったのは、心理的に非常に良いことでした。

その他に2014年にやったこと。
●普通自動車免許(AT限定)の取得
「電車、バスで十分だよね」という経済的な判断で自動車免許はもっていませんでしたが(身分証としての原付のみ)、小さい子どもがいると公共交通機関での移動が「たいへん」「疲れる」という別のファクターが大きくなり、一念発起して9月末~11月末で普通自動車免許(AT限定)を取得しました。
スケジュールを詰め込んで一気に取得しましたが、やはり働きながらの教習は過酷なので、学生や結婚前など時間に余裕があるときの免許取得をおすすめします。

●くるぶし骨折
教習所の卒業検定も合格してあとは筆記試験だけだと浮かれて歩道を歩いていたところ、歩道を踏み外し強烈な捻挫をしてしまいました。
痛みと腫れはどんどんひどくなり、まともに歩けないので病院に行ったところ、くるぶしを骨折していました。病名は腓骨遠位端骨折です。
全治1ヵ月の松葉杖生活は、骨折の痛みではなく、足を使えない不自由さ大変さで、辛く苦しいものでした。

苦行の1ヵ月後にはギプスが外れたものの、片足はびっこのままでさらに3週間のリハビリが続きます。
現在はリハビリも終わり歩行や日常生活に問題はありませんが、いまだに正座のような足首を大きく曲げる動作ができません。

医療・健康情報を扱う会社に勤めている身としては重要な体験となりました。
が、二度と繰り返したくはありません。
その他に得られた知識としては、勤務時間内であっても昼休み中に事業場外で事故した場合は労災保険がききません。
また骨折による松葉杖は自費負担になります。
不幸中の幸いと言える点は、教習所の卒業検定合格の3日後の出来事であったことです。
これで運転が2ヵ月不能になっていたら、一体どうなっていたことか・・・。

以上2014年の目標の棚卸しです。
続いて今年2015年の目標になります。

■2015年の目標
●家内安全
これに尽きます。家族が健康で安全に平穏に暮らせるようにしたいと思います。
新年度から妻が育休より復帰し0歳児と4歳児の保育園生活が始まります。
毎日の生活を回すことが最大の目標となります。

●車の運転能力向上
普通自動車免許(AT限定)を取得しましたが、車を所有せずカーシェアリング契約で週末ドライバーになっています。
まだ都心の運転はBGMやラジオもかけず運転に集中してストレスフルな状態ですが、もう少し気楽に運転できるようになりたいと思います。

●仕事の目標
現在の担当業務は安定して回る体制ができたので、プラスアルファを目指していきたいと思います。
・知財管理の知識習得(コンテンツ・著作権管理)
・統計やデータ分析の方法の学習
・プロジェクト・マネジメントのスキル習得
・ITスキルの資格取得
おそらく家内安全の目標が最優先になるため、仕事の目標に着手できるかどうか・・・。

ブログ界隈を見ると、このような身辺雑記のブログはほぼ廃れてきていますが、小生は自己満足の記録として、ロングテールの情報提供として、そして作文能力の修練として、細々と続けていきたいと思います。
本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。

【第二子】9ヵ月ぶりのブログ更新になった【誕生】


気づけば2014年もまもなく終わりです。3月中旬にブログ更新して以来、春夏秋と過ぎて9ヵ月ぶりのブログ更新になりました。
更新性が下がるとGoogleの検索結果に表示されにくくなるようで、アクセス数も下がり、GoogleAdSense、Amazonアフィリエイトの収益も減少しております。

ブログ更新が途絶えた理由は5月の第二子(長女)誕生により一日の時間配分がマイナスになったためです。
4歳の長男は遊びたい盛りで「あそぼう、あそぼう、あそぼう、あそぼう、あそぼう」と、起きている間はひたすら相手しなければならず、生後7ヵ月の長女は放っておくと泣き出す始末(当たり前)。
子どもが寝付いてから片付けものなどをして一息ついて時計を見ると深夜0:00を過ぎており、おぉ寝なければと残りの雑務タスクをあきらめ、新聞も録画テレビも未消化のまま翌日に積み残していく状態となっています。
夜間は疲労困憊のため、申し訳ないのですが長女の夜泣きも妻に任せっきりになっています。
そして浅い睡眠で目覚めて保育園に長男を送り届け仕事に行き帰宅して子どもが寝付いてから家事片付けをして、一息ついて時計を見ると深夜0:00を過ぎており、おぉ寝なければと残りの雑務タスクをあきらめ、新聞も録画テレビも未消化のまま翌日に積み残していく状態となっています。
夜間は疲労困憊のため、申し訳ないのですが長女の夜泣きも妻に任せっきりになっています。
そして浅い睡眠で目覚めて保育園に長男を送り届け仕事に行き帰宅して子どもが寝付いてから家事片付けをして、一息ついて時計を見ると深夜0:00を過ぎており、おぉ寝なければと残りの雑務タスクをあきらめ、新聞も録画テレビも未消化のまま翌日に積み残していく状態となっています。
夜間は疲労困憊のため、申し訳ないのですが長女の夜泣きも妻に任せっきりになっています。
そして浅い睡眠で目覚めて保育園に長男を送り届け仕事に行き帰宅して子どもが寝付いてから家事片付け・・・
(以下ループ処理)

絶対的に時間が足りず、どこかのご家庭のようにホワイトボードでタスク管理やボトルネックの分析をすべき事態です。
(参考)家事分担について我が家でしていること – 斗比主閲子の姑日記

4歳離れた2人でこんな状態なんですから、3人子育てとか双子とかはどのように日常を回しているんでしょうか。謎です。
(4歳の長男は皿運びなど簡単なお手伝いをしたり妹をあやしたりと、お手伝いロボは戦力としてカウントできるようになっています)

結果、ブログ更新という優先順位が低いタスクは押し下げられていき、1人目長男のときはその成長の過程を写真付きでブログにアップなぞしていましたが(参照:第一子誕生!!(自然分娩/立ち会い))、2人目の長女はその出生のことすらブログに残していません。成長してから何か言われるんだろうか。
(ブログでなくTwitterでツイートして満足しちゃうというのもありますが)

そんな1年間でしたが、無謀にも普通自動車免許(AT限定)を取得したり、くるぶしを骨折して松葉杖生活が現在進行中だったりします。
詳細は2015年始に2014年を振り返りたいと思います。更新が途絶えなければ。

iPad Airを買って古いiPadを子供用にした。


昨年末(2013年12月)にiPad Airを購入し快適に使用しています。
その速さ、快適さは、タブレットというモノの存在を意識させること無く、機能そのものを触っている感じです。
ウェブを使う道具として完成度が極まっており、これ以上のブレイクスルーがあるのか、人ごとながらAppleさんが心配になります。

そしてiPad AirのRetinaディスプレイに慣れた目には、今まで使用してたiPad22011年5月購入)の液晶ドットが粗く見えてしまいます。今後も自分で使うことはなさそうなので3歳半の子供に譲ることにしました。

当初はiPad2は買い取りに回して、子供向けに専用アプリや機能が充実した「tap me (タップミー)」のようなタブレットを買おうとも考えましたが、色々と調べるとiPadのカスタマイズだけで子供用途に変更することは可能でした。
本格子供向けタブレット tap me (タップミー)
タブレット for キッズ tapme (レッド)

以下、設定にあたって参考にしたサイトです。
我が家のあまったiPadを子供に持たせる時の手順と、使い方の紹介!(昼刊) – たのしいiPhone! AppBank

主に機能制限を徹底的に行いインストールしたアプリしか使えないようにします。
2014031403
(App内での購入を許可してますが、子供用アプリはちょっとだけ無料で、ちゃんと遊ぶにはアプリ内課金というものが結構多いので一時的に許可しています)

もう1点重要なのはパスコードロックタイマーです。
子供にタブレットを与えるとひたすら遊び続けます(大人だってダラダラとブラウジングすることはあるでしょう)。
そこで勝手にiPadを使わないようパスコードでロックをかけ、また子供に渡す際はタイマーをセットして時間が来ると自動的にロックするようにします。
あまり知られていないですが、iOSはタイマー終了時の動作として音では無く「再生停止」を選ぶとロック画面になります。
2014031404
セットした時間がくると突然ロック画面になりますが、子供は素直に「もう終わりだって!」と止めてくれます。
(前述の子供用タブレットは、このようなタイマー機能が充実しているのが売りの一つでした)

現在のホーム画面は以下の通り。パズルや文字学習のゲームを中心に遊んでいます。
2014031402
お気に入りはバスタブにアヒルが浮かぶSmartTub for iPhone / iPad
季節に合わせて、いろいろなアヒルが出てきて楽しいです。

ただ、どのアプリにしてもすぐに飽きます
しかし唯一飽きずに長く見ていられるのがYouTubeです。
文字が読めない幼児にとって映像の魅力は強烈でした。

YouTubeの操作はすでに慣れたもの。直感的なアフォーダンスに優れているのでしょうか。
再生・一時停止のマークは認識しており、スワイプで画面の縮小も可能。
文字は読めませんが映像冒頭に流れる「CMスキップ」をタップします。
そして画面に並ぶ関連動画を探索し、タイマーで終了するまで見続けます。

特に子供の評価が高いのはレオンチャンネルです。
レオンチャンネル – YouTube

みなさん、ご存知でしょうか?
戦隊モノや仮面ライダーのオモチャを紹介することで子供達に絶大な人気を誇るYouTubeチャンネルです。
たしかにレオンさんの説明、プレゼンはとても上手であり、つい聞き入ってしまいます。
(その資金力といい、何者なんでしょうか?)

子供がiPadで遊んでるあいだは、親としても家事をする時間が確保でき非常に楽なのですが、ここまでタブレットをやらせて良いものなのか悩みどころです。
ポジティブに考えれば、字が読める前から「キーワード検索」「関連する事象でリンク」などの、デジタルネイティブとしての素質を学習しているとも言えなくは無いですが・・・。
子育てに正解は無いのでしょうが、今もまさにこのように過ごしています。
20140314

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索