東日本大震災のときに日米間のインターネット回線が危機だった件を調べてみた。


先日、東日本大震災でTwitterが落ちなかったのは現場のエンジニアの判断だったという記事がバズってました。
2011年3月11日、なぜ「Twitter」は落ちなかったのか? 多くの人が知らない、意外な真実。 | TABI LABO

しかし、そもそも日米間をつなぐインターネット回線(海底ケーブル)がほとんど断線しており、生き残った回線に経路を変更して通信をしのいでいたことは、もっと知られても良いのではと思っています。

この事実を知ったのは、NHKの番組「ITホワイトボックス」でした。
●ITホワイトボックス「震災時 私たちはITで何ができるのか?」(2011年8月下旬の放送)
番組サイトがすでに存在していないので見た人の書き込みはこちら↓
ITホワイトボックスの東日本大震災後の話 | ロウタス・ディジタル

日米間をつなぐ5本の海底ケーブルのうち東日本側の4本が断線したため、西日本経由にネットワーク経路を変更したという放送内容でした。
極限状態の中、ネットワーク経路を再設計したISP会社の努力(現場エンジニアの努力)がしのばれます。

ただ当時の放送ではNHKらしく企業名が公表されていなかったので、ちょっとかわいそうですw
(Twitterも「つぶやきサイト」と呼んでて苦心した様子w)

今回、調べてみたところ下記の記事に行き当たりました。
改めて知っておきたい、インターネットの災害対策 – [4]インターネット“神話”の検証:ITpro

その企業はNTTコミュニケーションズのようですね。
地図を見るとわかりますが、日米間の回線は千葉と茨城から3本でておりそれらが断線、三重県志摩からの2本のうち1本が断線、残り1本のみが生き残っていたようです。
記事によるとNTTコミュニケーションズ以外の「Unity」回線も生き残っていたようです。
zu01
(ITproより引用)

他にも調べると当時の通信をtracerouteした人を見つけました。大阪まわりになったことを確認しています。
東日本大震災によって被害を受けた海底ケーブル – yuyarinの日記

戦争でも途切れないネットワークという軍事目的から開発されたインターネットです。
※3/17追記:「軍事目的から開発されたインターネット」は誤りとの指摘をみつけまし。俗説を信じてました・・・。
インターネットは核攻撃を想定して開発されたという誤った俗説 – NAVER まとめ

複数の海底ケーブルが同時に切れるような災害は想定外だったと思いますが、それでもインターネットは使えて、Twitterも使えたのだから、やはり分散型のインターネットの仕組み自体は非常に強いものだと言えそうです。

小生もGoogleマップを見ながら歩いて帰宅して、Twitterで情報収集しつつ友人に交通機関の運行状況を知らせたり、職場の同僚と連絡をとりあったりしていました。
その後のAmazonのオムツ配送にも助けられています(近所の店舗にはオムツがないのにAmazonは普通に配送してきてすごさを実感)。
日米間の回線が全滅していたら、さらに被害が大きくなっていたかもしれません。
※太平洋回線が切れても他の国を経由して米国とは通信できていたと思いますが遅延が大きかったと思われます。

【追記3/24】追加・補足情報あります。

【追加・補足】大震災発生時のインターネット回線危機をさらに調べる。

ブラウザ三国志をやめた件


2010年7月頃よりやっていたブラウザゲーム「ブラウザ三国志」を1月末の次ゲーム開始にあわせてやめることにしました。
4年半ちかくほぼ毎日やっていたことになります。
(参考)
ブラウザ三国志で対人戦争をした。 (2010年8月)

やめた理由は課金でのスキル追加が前提になったことです。
小生は無課金でやっていたのですが、ここ1年くらいで新たに追加されていくスキルが「パッシブスキル」という所有する武将がデッキにいるだけで「全員の攻撃力(防御力)が●倍」になるスキルばかりで、しかもそれらが課金で付与できるようになりました。
つまり、平常能力が数割増しになる状態が課金で購入でき、無課金の能力はインフレ下のごとく価値が目減りしていくようになってしまいました。
また4年半ちかく継続してワールド統合を繰り返していると、ユーザーは重課金、廃課金だらけになり、デッキコストも課金して常時追加していないとカードを使用することもままならない状態となっていました。
サービス運営上、課金者を優遇することは仕方ないことであり、また長女が1歳になり育児で時間を確保することが必要となり、今回のタイミングでやめることにしました。
なお、育て上げた代表的なカードは以下の通り。
呂布飛将LV9+闘将の極意LV8→707%増・攻撃力55万)や護君LV10、LV9でも戦争の最低条件だもんなー。
bura3end
とは言え、まだアカウントを残しカード売却もしていないので、未練が残っているのも事実ですw
ゲームは短時間ながら毎日のログインが必要とされ、実は多くの時間を使っていました。やめたことにより時間の余裕ができ、それにより新しいブログを始めることができた次第です。
「育児で買ったモノたち」
ikuji-banner

新しいブログ「育児で買ったモノたち」を始めました。


以前よりあたためていた企画で新しいブログを始めました。
「育児で買ったモノたち」
ikuji-banner

4歳の長男と0歳の長女の育児で買った「モノ」を軸にしてつづっていこうと思っています。
長男が生まれての初めての育児は、今までの生活では全く必要の無かった「モノ」存在すら知らなかった「モノ」を購入することになり、購入の判断基準を持っていない中で、ゼロから情報収集を行うのは面倒で手間のかかることでした。
PCやIT系のいわゆるガジェット類は、これまで自分が見てきた商品との比較検討が可能ですが、育児関連の商品はそのような知識の下地が無いため、その都度、Amazonのレビューを見たり、使っている人の評判をブログ検索したりしていました。

今回のブログの企図としては、育児を始める人、育児真っ最中の人に、とある人が育児で使ったモノとして一連の情報を提供できればと考えています。
もっと便利なモノ、もっと優れたモノがあるかもしれませんが、あくまでも小生の主観としての紹介です。
情報化がどんどん高度になるにつれ、このような主観の情報提供が重要性をもってきているのではないかと考えています。

裏テーマとしては、アフィリエイトサイトってどんなもんなのか、試してみたかったというところです。
仕事でウェブサイト構築はしますがコーポレートサイトが多く、直接利益を得るためのサイトの分析や運営経験があまり無かったので。

で、始めて1週間ほど経過し、育児関連商品ってアフィリエイトには向かないなと実感しています。
アフィリエイトで利益を得ようとするならば、第一にテーマ選択が重要ですね。
もちろん更新も大事です。Google様の覚えが良いように1日1回以上の更新を目標にしています。
はたしてネタが続くんだろうか・・・。

【デジカメ→iPhone→Google+フォト連携】写真データ管理の現状(2015年版)

旅行先や記念日にデジカメで撮った写真、iPhoneで撮った日常の何気ない写真。
日々たまっていく写真データの整理は永遠の課題です。
ある時点では最適解だった管理手法も、技術の進歩や新しいサービスの利用(終了)により変化し続けていきます。

小生の場合、これまではデジカメのデータをPCに保存しているだけでした(PCのデータは外付ハードディスクにコピーしてバックアップ)。
しかし帰宅してPCを起動してデジカメをケーブルで接続するのが面倒というシンプルな理由で、デジカメにデータを残しっぱなしになっており、あとで見返す、人に見せるなどの活用ができていませんでした。
さらにこの状況はカメラのメモリからデータが消失する大きなリスクを抱えていました。
同様にiPhoneで撮影した写真も特にバックアップなどせず購入時からそのまま残しており、データ消失のリスクに加えてiPhoneのメモリが足りなくなる状況となっていました。

【抱えている課題】

●デジカメの写真データをPCに保存するのが面倒
・PC未保存のデータがカメラのメモリから消失するリスク
・見返すなどの活用できていない
・親、友人への写真共有ができていない

●iPhoneの写真データが3GSを購入した2009年当時から残っている
・iPhone本体のメモリが足りなくなる(写真と動画で13GB)
・データ消失のリスク

上記の課題解決のために、昨年より新しいソリューションとして、
「デジカメ→iPhone→Google+フォト連携」
というICT運用をローンチし、現状それがうまく回ってWin-Winの関係にあるため、情報共有のためにもその方法をまとめたいと思います。

続きを読む

2014年を省みて2015年を計る。


2015年も1ヵ月が過ぎました。2015年初めてのブログ更新となります。
このブログを続けて11年目となりました。
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年

1年の始まりにあたり2014年に掲げた目標の達成状況を振り返ります。
些細な目標の振り返りであっても、毎年続けることで何かが起きると思って10年以上経過しました。

■2014年の目標を省みる
●家内安全
→結果:△一部を除いてできた。
2014年5月22日に第二子となる長女が生まれました。
予定日を1週間以上も前倒しにして、しかも入院から2時間半というハイペースでの誕生でした(早すぎて立ち会いできず)。
母子ともに健康であり、4歳の長男も妹をとても可愛がっています。
家族全員、健康に1年間を過ごすことができました。
小生の骨折を除いては・・・後述。

●(仕事)契約・知財管理
→結果:○できた。
2014年の1年間、顧問弁護士に相談しながら担当業務の契約書を整理しました。
2013年に取得した「ビジネス実務法務検定3級」の知識はほとんど役に立ちませんでしたが、実務に直結する良い勉強ができました。
また契約書を整理する過程で、業務範囲・責任範囲が明確になり、「ミス・障害・失敗は大問題」「顧客の指示は絶対」のような、漠とした不安やプレッシャーを抱えて仕事をすることがなくなったのは、心理的に非常に良いことでした。

その他に2014年にやったこと。
●普通自動車免許(AT限定)の取得
「電車、バスで十分だよね」という経済的な判断で自動車免許はもっていませんでしたが(身分証としての原付のみ)、小さい子どもがいると公共交通機関での移動が「たいへん」「疲れる」という別のファクターが大きくなり、一念発起して9月末~11月末で普通自動車免許(AT限定)を取得しました。
スケジュールを詰め込んで一気に取得しましたが、やはり働きながらの教習は過酷なので、学生や結婚前など時間に余裕があるときの免許取得をおすすめします。

●くるぶし骨折
教習所の卒業検定も合格してあとは筆記試験だけだと浮かれて歩道を歩いていたところ、歩道を踏み外し強烈な捻挫をしてしまいました。
痛みと腫れはどんどんひどくなり、まともに歩けないので病院に行ったところ、くるぶしを骨折していました。病名は腓骨遠位端骨折です。
全治1ヵ月の松葉杖生活は、骨折の痛みではなく、足を使えない不自由さ大変さで、辛く苦しいものでした。

苦行の1ヵ月後にはギプスが外れたものの、片足はびっこのままでさらに3週間のリハビリが続きます。
現在はリハビリも終わり歩行や日常生活に問題はありませんが、いまだに正座のような足首を大きく曲げる動作ができません。

医療・健康情報を扱う会社に勤めている身としては重要な体験となりました。
が、二度と繰り返したくはありません。
その他に得られた知識としては、勤務時間内であっても昼休み中に事業場外で事故した場合は労災保険がききません。
また骨折による松葉杖は自費負担になります。
不幸中の幸いと言える点は、教習所の卒業検定合格の3日後の出来事であったことです。
これで運転が2ヵ月不能になっていたら、一体どうなっていたことか・・・。

以上2014年の目標の棚卸しです。
続いて今年2015年の目標になります。

■2015年の目標
●家内安全
これに尽きます。家族が健康で安全に平穏に暮らせるようにしたいと思います。
新年度から妻が育休より復帰し0歳児と4歳児の保育園生活が始まります。
毎日の生活を回すことが最大の目標となります。

●車の運転能力向上
普通自動車免許(AT限定)を取得しましたが、車を所有せずカーシェアリング契約で週末ドライバーになっています。
まだ都心の運転はBGMやラジオもかけず運転に集中してストレスフルな状態ですが、もう少し気楽に運転できるようになりたいと思います。

●仕事の目標
現在の担当業務は安定して回る体制ができたので、プラスアルファを目指していきたいと思います。
・知財管理の知識習得(コンテンツ・著作権管理)
・統計やデータ分析の方法の学習
・プロジェクト・マネジメントのスキル習得
・ITスキルの資格取得
おそらく家内安全の目標が最優先になるため、仕事の目標に着手できるかどうか・・・。

ブログ界隈を見ると、このような身辺雑記のブログはほぼ廃れてきていますが、小生は自己満足の記録として、ロングテールの情報提供として、そして作文能力の修練として、細々と続けていきたいと思います。
本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。

  • 他のブログ

    育児で買ったモノたち
  • Twitter

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • はてなブックマーク

  • RSS購読

    RSS Feed RSS - 投稿

  • カテゴリー

  • 月別

  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • プロフィール


    健康・医療系の出版社でウェブに関わる営業企画と浅い技術。Webディレクター?
  • キーワード検索